徒然草 第百四段 訳


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

荒れていてかつ人目につかない宿に、女が物忌みで外出をはばかってひっそりと篭もっていると、ある人がお訪ねになろうといって、夕方の月がはっきりしないころにしのんで訪ねて、犬がうるさく吠えるのえ召使の女が出てきて「どちらからですか」と言って、(ある人が)そのまま案内させて入りなさった。
みずほらしい様子に、どのようにして暮らしているのだろうと、とても気の毒になった。
粗末な板敷にしばらく立っておられると、落ち着いていてかつ若々しい声がして、
「こちらえす」
という人がいるのえ、窮屈そうな(小さな)引き戸よりお入りになった。

中の様子はとても赴きがあった。
奥ゆかしく、火は遠くにぼんやり見えるが、ものが美しく見えて、
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|