徒然草 五十九段 訳

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何か大事なことがしたいのならば心にある本来の目標を遂げずにそのまま捨てるべきである。
「しばらく(ちょっと)この事を終わらせて、同じようなことなら処理してからにしよう。
人の嘲りがあるだろうから先に準備をしておこう。
長年やってきたことだからもう少し待とう、時間はかからないだろう。(数年来これで生きてきたので今生きている、そのことを待つような時間はそれほどかからないだろう。)
あわただしくないようにしよう。」
などと思うようなときには、遠ざけることのできないものばかりで、事の終わる限度もなく、思い立つ日もあるわけないだろう。
だいたい、他の人を見ると少しだけ道理が分かっているような分際の人は皆この理想を持って一生を過ごしているようだ。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|