ブログ以前/2004年09月30日/卒業

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 現在AM2:46、、、なんか眠れないっす。

 「眠くないときは無理して眠らなくてもいい」と幼い俺に言って聞かせたのは母親。
 その言いつけどおりに夜更かし中の俺は今この文章を書いている。

 とりあえず煙草を一服。次いでオレンジジュースを一杯。さらにフリーセルは勝率41%。

 ふぅ。

 どうして眠くならないのだろう?

 考えられる理由は以下の3つ。

 1.台風21号のせいで外出もせず家でダラダラしていたから
 2.極度の空腹
 3.柄にもなく緊張している

 順に説明していこう。

 まず1番目。今年日本に上陸した8個目の台風である21号。こいつにはまいった。風は強いわ、雨は強いわ、また停電するわ。
 停電ゆうても一瞬だったが、前回も書いたとおり、電気消えたらやることないっすわ。しかもパソコンで作業中に停電したら焦るっしょ。まぁ、僕のパソコンは駄目ノートだから、バッテリーでしばらくは持ちますが、それでも大事なデータの保護を考えると、いつ停電するかわかんないから迂闊に作業はできません。
 だから、台風情報をTVでつけっぱなしにしながら1日中ウトウトしてたわけです。つまり寝すぎで眠れないということ。

 2番目。今財布に82円。これが俺の全財産だ。家にボチボチある食料を食いつないではいるんだが、最近あんましまともに飯食ってないから、腹減ってるんだか減ってないんだかいまいちよくわからない。でも、横になると腹が鳴る。でもでも、さっきラーメン食べたじゃん。

 3番目。これが一番嘘臭い。「だいたい緊張するような柄かよ」と自分で笑い飛ばしたくなる。
 思えば大学に入ってから実に6年半、いろいろなことがあった。得たものも大きかったが失ったものも大きかったかもと思う。もしかしたら、何も得ておらず失ってもいないのかもしれないが。
 大学にいって自分の世界が広がったというのは間違いないと思う。人生20年目にして彼女というやつも出来たし(当然のように別れますた。新たな彼女も作ったが別れた。今はフリー)、親友と呼べる人(勝手に俺が思っている)も出来たし、戦友(謎)や先輩や後輩や先生やなんやかんやとたくさんの人々と知り合えた。
 それで、そんな人たちと関わることによって、他人の存在から自分の存在がより強く感じられたって言うんですかね。意思や価値観の異なる人たちの中で、どう振舞うか。どう振舞ったらうまくいくか。いかないか。なんてことを学んだと思うんですよ。高校時代やそれ以前もあったと思うけど、触れ合う人の絶対数が違うっつーか、まぁ、そんな感じです。
 社会に出ても、さらに絶対数の大きな世界において同じようなことが繰り広げられるんでしょうねぇ。でも、あんまし悩むヒマは無さそうですね。仕事忙しかったりするとさ。

 で?って感じですが、他人より長く大学にいたぶん、「考える」ことには慣れましたね。つーか、病気のごとくいつも考えてます。しかも答えが出ていません(笑)。だいたいの方向性は決まったんですが、その考えに自分が殉ずることができるかどうか怪しいものです。まぁ、考えなんてものは人生とともに変化していくものだからいいんですけどね。
 ああ、そうか。それだ。人は変わるってことを知ったのも大学入ってからですね。うんうん(一人で納得)。
 昔、悩んでいたときに誰かからこう言われました。「周りだけが変わっていくんじゃない。君も変わっていくんだよ」みたいなこと言われました。この台詞はベストヒットです。単純に「ああ、そうか」って思いましたもん。
 あとねー、老けたね(笑)。心がさ。折れたっつーんかな。正確にはそんな折れた人々をたくさん見てきたから俺もそろそろ折れてもいいかなーって感じでちょっと弱気です。
 世の中の慣習や制度なんかを変えるのは容易なことじゃない。そもそも政治家でも官僚でもないしさ。でも、どうしても許せないっつーか、こうしたほうがもっとみんなが幸せに暮らせるのに、みたいに感じることってありませんか?それをですね、公の場でぶちまけるんです。
 どーん!って感じでさ。でも人間って安定を求めると思うんですよ。だから、反対勢力ってやつは必ずいてさ。そいつらと戦うのが楽しかったね。ま、負けたけど。力不足だったわけだ。
 負けたあとも、悔しくてさ、どうにか頑張ってみようと思って、いろんな人に協力を求めて、いろんな人に話を聞いてもらって、、、でも駄目でした(泣)。でもまだ諦めきれない(笑)
 そこで、また考える。ぐるぐるぐるぐる考える。すると、ぐるぐる回ってるだけかと思ってたら、頭の中にランプが灯る。ピンポ~ン。
 おぉ、そうか。これが俺の生き方なんだ!なんて、アホでしょ?

 さて、オチもついたところでそろそろ寝ますかな。

 そもそも何の話だったかと言うと、何故眠れないのか。もっと言えば何故「柄にもなく緊張しているのか」でしたね。
 今日、2004年9月30日は、わ、私の卒業式なのです。おめでとう、俺。
 果たして平日で授業中にも関わらず何人の人々が花束でタコ殴りにしてくれるのか楽しみでもあり不安でもあります。
 ここで皆さんに言っとくことがあります。
 私の卒業を心から祝ってくれる人、初めてこのサイトに来たらいきなりこんなことが書いてあってびっくりした人、どーでもいいとか思っている無関心な人などなどすべての人にこの言葉を捧げます。

 ありがとうございます。これからも適度に頑張りますのでよろしくお願いします。

 追記
  朝起きれるかどうか不安。寝過ごすのもアリ?


カテゴリ: [2004年] - &trackback- 2004年09月30日 00:00:00

#blognavi
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



Today -
Yesterday -
Total -

MENU

Guide

Old Contents