大阪駅伝 復路1日目

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2001年1月9日(火) 曇りのち雨



 長い回想でしたねぇ(笑)。とにもかくにも21世紀初旅が始まるわけです。

 12:15、T君と別れる。これから府道21号線を南下するわけだが、その前に私の新しい相棒を紹介しよう!旧Myチャリの『カローラⅡ』☆1(愛称)は往路の苛酷な旅に耐えきれなかったのか、2ヶ月放置したのが気に食わなかったのか、お亡くなりになった。死因は後輪グラグラ病、手術代が高額にかかるため、安楽死してもらった(悲)。ここで、フツーなら、電車でフツーに山口に帰って、山口で新チャリを購入するのが賢い、っていうかフツーの人の判断だと思うが、なにをトチ狂ったか大阪でチャリを買い、それに乗って帰ることにしたのだった。
 そこでさっそく『カローラⅡ』を看取ってもらった病院(ちゃりんこ村)でチャリを購入、7500円也。再生車ってやつだろうか、先生(チャリ屋のオヤジ)がどっかから連れて(拾って)きた患者(チャリ)を治療(修理)したママチャリだった。3段変則がついていたのと価格が購入のポイントだが、何よりその美しい紫色に惹かれたのだった。

 そこで命名、『紫小町』。当然、紫式部と小野小町からもじったんだが、やっぱり乗るなら女でしょ(死)



 コマチにはカローラⅡのカゴとベルと反射板と荷台を移植してもらった。さあ、21世紀初旅の始まりだ。私はコマチにまたがり、颯爽と走り出した。


☆1 『カローラⅡ』・・・4代目Myチャリ。ブリ○ストン製のサドルが硬くてイイ自転車。購入当時4万ほどだった。27インチ、3段変則(グリップ式)。享年5歳。


 目指すは大阪南港。この南港から、大阪―神戸―松山を結ぶフェリーが航行している。

 季節は冬・・・、1月・・・、陸路を行って野宿は嫌です。 凍死しちゃうよ 。というわけで、往路は9日かけて来たものの、復路はフェリーを使って1泊2日で帰るという情けない旅なのです(哀)

 シカーモ(なんかのCM風)、全然覚えてネェ(笑)。いや、ちょっとは覚えてるんだけど、ほんのちょびっとです。どれくらいちょびっとかというと、手帳に4ページほど(2日分で)です。そんなほんのちょびっとの記憶をご堪能下さい。


 前述通り、府道21号線を南下、ファミリーマートに寄る。外環状(と呼ばれる道路があると思いますが詳しくは知りません)を西へ。大阪市内は人が多い。途中、小雨に降られる。タバコや軍手を落とす。でも今回は帽子は落ちない。なぜなら、往路ではキャップをかぶっていたため風で飛ばされたりしていたが、今回はその教訓を生かし、ニット帽(東急ハ○ズで購入)にしたのだ。しかも、冷たい北風から耳も守ってくれるすぐれものだ。ちなみに胴体部分はダウンジャケット(兄貴のお下がり)。

 そして、大阪ドーム(見えただけ)、交番(道を聞いた)、なみはや橋(ナゼかこの橋だけ名前を覚えている)、ローソン、4周ループ橋(勝手に命名)などを超えてひた走った。港に近づいたのか、工業地帯っぽい景色に囲まれ始め、そして、結構な雨に降られた。

 16:30、大阪南港着。(たぶんT君に)メールをし、寒い体を温めるためにティータイムとしゃれこんだ。ケーキとコーヒーときつねうどん(笑)をいただいた。
 出港まであと4時間半もある。電灯のパカパカする待合室で、雑誌(マガジン)を読んだり、ゲームをしたりしながら時間をつぶす。
 19:00、キップ売り場の窓口が開いたので、キップを買った。コマチと2人分で5220円だった。イイオンナと2人で船旅の始まりだ。でも出港はまだだった(長)。あまりにヒマなので寝た。
 20:10、雨に打たれながらコマチを脇にフェリーを待つ。まるでかけおち前の2人みたいだった(謎)

 21:00、大阪南港発。やっと出発だ。とりあえずフェリーのスタンプを押す。そして、何をするかというとゲームなのだった。コマチに内緒でHな麻雀ゲームをした(死)。しかもクリアまでした。景品はHなポラロイド写真と画面に表示されていた。おおっしゃー!!(死)と思ったら、期限切れ・・・。フェリーのゲームなんてこんなものだ。
 22:00、神戸着。夜景がとても綺麗だった。
 23:00、船内レストラン閉まる。まだゲームやっている。4000円もつぎ込みました。そして、カップラーメンとくりあんドーナツを食べ、寝たのは日が変わった頃でした。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



Today -
Yesterday -
Total -

MENU

Guide

Old Contents