大阪駅伝リバイバル ~脳内彼女と二人旅~

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※オワコン気味のmixiからの移植になります。

【非実在彼女】第1話「私を水木しげるロードへ連れてって」【4P】


(脳内)彼女が俺の4連休に合わせて大阪(に住んでいるという設定)から山口に遊びに来るという。
大阪から鳥取まで行った方が近いにも関わらず、わざわざ俺のところに来るんだってさ。
かわいいやつめ。

こうして俺は彼女をデ巫女に乗せ、ついでにナビ子も拉致って4Pで鳥取県境港市にあるという、噂の水木しげるロードへ向かうことにした。


■12月17日(金)、天気 雪、極寒、体調 ちょっと風邪気味で喉が痛い、しかし有給

5時起床。
寝たのは2時くらいだったかな(

彼女がふくふく号に乗って大阪から来るというので、バス停まで迎えにいく。
昨晩は部屋の掃除をしていたので、寝るのが遅くなった。
彼女を華麗にバス停から拉致って、そのまま自宅へ直行。

つうか、わざわざ境港まで行かなくても、俺とよろしくヤっちゃえばいいじゃん?
一緒に温まろうよ。

2時間ほど家でゴソゴソする。
すっきりする。

ノーマルタイヤの雪装備皆無のデ巫女に毛布やら寝袋やらホッカイロやら積み込んで、全財産の3万7千円を財布に詰め込み、いざ出発。

ちなみに車を買ってから8ヶ月、長距離運転(1日300km以上)は2度目である。
10数年前に自転車で京都まで行ったあの道を、国道9号線を北上するのだ!

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



Today -
Yesterday -
Total -

MENU

Guide

Old Contents