Plants/2005年11月01日/イヌビワ Ficus erecta

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
  • 【犬枇杷】別名/イタブ・イタビ イチジク属〔落葉低木〕
  • 山地や丘陵に生え、高さ約4mになる。小枝を傷つけると白い乳液がでる。葉は長さ10~20㌢の倒卵形で、ふちは全縁。葉枝は1~4㌢。4~5月本年枝の葉腋に花嚢が1個ずつつく。雌雄異株。秋に雌花嚢は直径1.5~1.7㌢の果嚢となり、熟すと食べられる。雄花嚢は直径1.5㌢で赤くなるが、食べられない。葉が細いものをホソバイヌビワ var.sieboldiiという。
  • 分布 本(関東地方以西)、四、九、沖、朝鮮(済州島)



  • 2005/10/27
  • 山口県美東町
  • 撮影:ぺど


カテゴリ: [クワ科] - &trackback- 2005年11月01日 14:54:12
名前: コメント:
#blognavi
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
添付ファイル



Today -
Yesterday -
Total -

MENU

Guide

Old Contents