SAMX(韓国長距離地対空ミサイル計画)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


▼2008年の韓国軍健軍60周年パレードで公開されたパトリオットPAC-2

現在韓国で運用されているMIM-14ナイキ・ハーキュリーズ地対空ミサイルの後継として、MIM-104パトリオットを導入する計画。ハーキュリーズ・ミサイルは1965年から在韓米軍で運用が開始され、70年代に入って韓国軍に移管されたが、現在では老朽化が激しく新型ミサイルへの更新が課題になっている。2002年から始まった当初のSAMX事業ではアメリカからパトリオット・ミサイル(PAC-3)を導入する計画を立てていたが、韓国政府が希望する2個大隊分(48基)を購入する場合、3兆4,000億ウォンかかると推計されたために断念された。レイセオン社は1999年にギリシャへ販売した時の価格よりも20~30%高い値段を韓国側に示したという。

韓国国防省と空軍は1兆1,000億ウォンの予算で、ドイツから中古のパトリオット・ミサイル(PAC-2)を導入する計画を進めている。ドイツ政府は国防改革により現在32基あるパトリオット・ミサイルを24基に削減する方針で、これによって余剰と成る8基を韓国に売却し、その収入の80%は国防予算に加算される予定。2005年秋には韓国から訪独調査団が送り込まれ、契約が順調にいけば2006年中にはミサイルが引き渡される事になる。しかしドイツ連邦議会は戦争地域である朝鮮半島の国家に、高性能の対空ミサイルを販売する事へ疑問を投げかけており(2005年8月の報道)、すんなりと韓独間で計画が進むかどうかは不透明だ。また、韓国とドイツが取引をする前にアメリカ政府の許可が必要なのではないか、と指摘する声もある。

【2006.10.01追記】
韓国軍は2007年からパトリオットPAC-2 48基(ミサイル196発)の導入を開始し、早ければ2008年に1個大隊を実戦配備する計画である事が9月29日に明らかになった。駐米韓国大使館関係者によれば、経費節減のためにミサイル・ランチャーをドイツから中古余剰品を購入し、ミサイル本体やシステム一式、教育機材などは米レイセオン社から購入するという。パトリオットPAC-2に弾道ミサイル迎撃能力は無い。

【2007.09.19追記】
SAMX事業について韓国のDAPA(Defense Acquisition Program Agency:防衛事業庁)は2007年9月19日、空軍が運用する予定のパトリオットPAC-2をドイツから購入する事を正式に決定したと発表した。同庁によると2007年中に、パトリオットPAC-2のミサイル発射機(中古)48基とレーダーを購入する契約をドイツと結ぶ予定だという。パトリオット大隊を運用するためのシステム一式は米レイセオン社から購入する予定で、SAMX事業に掛かる金額は約1兆ウォンと見積もられている。ドイツとの契約が進めば、PAC-2のランチャーは2008年の早い時期に韓国に到着する予定。

【2007.10.27追記】
金空軍参謀長は2007年10月24日に行なわれた国政監査の席上で、ハンナラ党議員の「北朝鮮が持つ約1,000発の弾道ミサイルを迎撃できるだけの数のPAC-2を導入するのか」という質問に対し、PAC-2を追加導入する第二次SAMX事業を計画していると発言した。但し在韓米軍の所有するパトリオットPAC-2を購入する予定は無いという。また同参謀長は北朝鮮がスカッドなどのミサイルを発射した場合、韓国軍がこれを迎撃する地点はソウルの北40kmの地点になると答えた。

【2008.03.07追記】
米レイセオン社は韓国が購入するパトリオットPAC-2のエンジニアリング・サービスをアメリカ政府経由で受注した。この契約によりレイセオン社はPAC-2を韓国軍の防空網に組み込むためのプログラム開発を担当する。システム・インテグレーションやメンテナンス及びサポート、訓練といった業務はこの契約には含まれておらず、これらの業務は後の追加契約に含まれる予定。

【2008.11.29追記】
韓国空軍は28日、8月にドイツから引き渡された1個大隊分(24基)のパトリオットPAC-2の点検作業を完了したと発表した。空軍は2009年にもう1個大隊分のPAC-2の導入する予定で、2010年までに防空システムに組み込まれて実戦配備する見込み。

【参考資料】
朝鮮日報
連合ニュース
THE KOREA TIMES
KBS WORLD
PowerCorea


2008-12-06 14:43:48 (Sat)

添付ファイル