T-72戦車(暴風号)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


▼2010年10月10日に行なわれた労働党創建65周年の軍事パレードで行進する「暴風号」と思われる車輌。転輪が6つになっているのが見て取れる。
▼上の写真と同じく2010年10月10日の軍事パレードに登場した新型戦車。操縦席が中央にある新設計のシャーシに鋳造砲塔を搭載。サーマルスリーブが装着されている戦車砲は125mm滑腔砲の可能性がある。砲塔左側には携行地対空ミサイル1基が装備されている。
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (363.jpg)

T-72M性能緒元
重量 41.5トン
全長 9.53m
全幅 3.57m
全高 2.23m
エンジン V-46-6 12気筒液冷ディーゼル 780hp
最高速度 60km/h
航続距離 500km
武装 D-81T 51口径125mm滑腔砲×1(44発)
  12.7mm重機関銃×1(300発)
  7.62mm機関銃×1(2,000発)
装甲 410mm
乗員 3名(車長、操縦手、砲手)

北朝鮮がロシア(旧ソ連)からT-72の供給を受けた、若しくはライセンス生産しているという確たる情報は無い。しかし1990年代に入ってからT-72約300輌がロシアから供給され、2個戦車旅団を編制し平壌付近に配置したとする資料もある。もし北朝鮮にT-72があったとしても、それは輸出仕様のダウングレードされたT-72Mだろう。T-72Mは本国仕様と違い複合装甲を持たず(圧延鋼板)、125mm滑腔砲も初期型のD-81Tを装備している。またレーザー測距器は本国仕様と同じTPD-K1を装備しているが、他の射撃統制システム構成部品は性能の劣る廉価版を搭載している。北朝鮮はT-72をベースに暴風号と呼ばれる独自の改良型(国内生産型?)を開発したようで、これは2002年に完成したと言われている。この暴風号は天馬号Ⅳ型のようにERAを装着し、防御力を向上させている可能性が高い。またT-90に匹敵する能力と噂されていることから、新型の射撃統制システムや暗視装置、砲発射ミサイル(9K119レフレクス/AT-11 Sniper)、対ミサイル防御システムTshU-1-7 Shtora-1等を装備している可能性もあるが、詳細は今のところ不明だ。

T-72は旧ソ連のウラル運輸車輌工場が1960年代初期から独自開発していた試作戦車オブイェークト167から発展したもので、1973年に制式採用され量産が開始された、ソ連時代末期の主力戦車のひとつである。基本的な開発コンセプトは125mm滑腔砲や複合装甲などT-64主力戦車並の能力を盛り込みながら、V型ディーゼル・エンジンを搭載して信頼性に富む廉価版主力戦車を完成させる事だった。T-72の開発はT-62の設計を担当したN.カルツェフ技師で、後にL.N.ヴェネディクトフ技師が担当した。試作車輌の製作と運用試験は1970年から本格的に始まり、1971年には最終試作車輌オブイェークト172Mが完成した。1973年にT-72として制式化されソ連に採用されたほか26ヶ国に輸出、各型合わせて約20,000輌が生産されている。

T-72の車体前面と砲塔前半部にはT-64と同様の複合装甲が施されており、正面からの運動エネルギー弾に対しRHA(圧延鋼板)換算で410mmの抗堪力を誇る。主砲もT-64と同様のD-81TM 125mm滑腔砲で、射撃統制システムとしてTPD-2-49のほか、アナログ弾道計算機、アクティブ式暗視装置等を持つ。また分離装薬(半燃焼式カートリッジ)と弾頭22発を砲塔基部の回転式装弾トレーにセットしたカセトカ自動装填装置を持ち、カタログ・データ上は毎分8発の発射速度を発揮できる。主な砲弾はAPFSDS弾とHEATFS弾である。

【2009.03.18追記】
中国国営の新華社通信によると、北朝鮮がロシアのT-95に匹敵する最新型戦車の研究・開発を行なっているという。この情報はロシアの軍事雑誌の内容を引用したもので、内容の正確さは全く不明。新華社通信はこの戦車について、T-72の主砲と装甲を改良したものとしている。ロシアの軍事雑誌は、北朝鮮の新型戦車の詳細は不明だが、専門家は「T-95並の性能」と推定したとの事。北朝鮮は旧ソ連時代にT-72の製造を始め、1991年から大量生産を行なったという。
(中央日報)

▼2010年に公開された「暴風号」と思われる新戦車の画像
▼同じく公開された新戦車の画像。転輪の数はT-72と同じ片側6個だが、操縦席はT-62と同じ車体左側に配置されている。T-62の車体を延長し転輪数を増やしたシャーシという可能性もある。
▼新戦車の後部
▼砲塔右側面のアップ。砲塔前面に付けられた楔形増加装甲の形状が分かる

【参考資料】
軍事研究(株ジャパン・ミリタリー・レビュー)
戦車名鑑-現用編-(後藤仁、伊吹竜太郎、真出好一/株式会社コーエー)
中央日報
など


2010-10-16 03:54:12 (Sat)