ムルケ型揚陸艇(LCU-1610型)(韓国)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



性能緒元
満載排水量 375t
全長 41.1m
全幅 8.8m
主機 ディーゼル 4基 2軸(1,000hp)
最大速力 11kts
航続距離 1,200nm(8kts)
武装 12.7mm重機関銃×2
航海レーダー 1基
ペイロード 134t
乗員 14名

LCU(Landing Craft, Utility:汎用揚陸艇)はアメリカ製の大型揚陸艇。第二次世界大戦で使用されたLCT(Landing Craft, Tank:戦車揚陸艇)が起源で、構造的には一種の自走ポンツーン(舟橋)である。車輌甲板は全通しており、艇の前後にランプを有している。戦車は1輌、装甲兵員輸送車なら3輌、兵員のみなら400名を輸送可能。速力はLCACに遠く及ばないが搭載重量は2倍以上あり、重量物の運搬には必要な船だ。ドック型揚陸艦に搭載されるLCUのマストは起倒式だが、独航型のLCUは固定式の3脚マストになっている(韓国海軍のLCUはこのタイプ)。

韓国海軍は国内で建造したLCU-1610型を6隻保有しており、「ムルケ(オットセイの意)」型と呼んでいる。上記のようにこれ等のLCUは独航型のため、ドクト級揚陸艦には搭載する事ができない。

1号艇 LCU-71 1979年就役
2号艇 LCU-72  
3号艇 LCU-73  
4号艇 LCU-75  
5号艇 LCU-76  
6号艇 LCU-77  

【参考資料】
世界の艦船(海人社)
Grobal Security
PowerCorea


2007-12-07 00:09:32 (Fri)

添付ファイル