※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GNUPLOTを使う際に役立つメモ

基本的な使い方

テキストエディタに命令を書き込んで、~.pltというファイル名で保存します。GNUPLOTを起動した後、LOADというところをクリックして、作成したPLTという拡張子のファイルを読み込みます。(別にpltという拡張子ではなくて、txtのままでも良い。)

x軸の値をべきの形で書き表したい。

対数目盛りを使用しているときに、10e+006などと表示されるのは気持ち悪いので、10^{6}のように表示してほしいときに使います。PLOT文を使う前に次のように一言挿入します。
set format x "10^{%01T}"
この{括弧}をつけたのは、EPSで出力したときに、良いことがあるからです。無くてもかまいません。ここの x を y に変えても同じ。

デフォルトの設定に戻したいときは、
set format x "%g"
と命令します。

EPS に出力する設定

線の太さは2くらいあったほうが印刷したときにきれいに見えるようです。
set terminal postscript eps enhanced color colortext solid lw 2
ここでenhancedというオプションを追加することで、10^{6}の6が上付き文字で出力されるようになります。

PNG に出力する設定

PNGに出力する際は、色の設定が面倒なので、以下を貼り付けてしまえばOKです。なぜかenhancedのオプションが通らない。
set terminal png transparent medium size 640,480 \
      xffffff x000000 x404040 \
      xff0000 xffa500 x66cdaa xcdb5cd \
      xadd8e6 x0000ff xdda0dd x9500d3 
ここで、\ は「コマンドが長すぎるのでここで改行します」とGNUPLOTに伝えるためにあります。

伝達関数からBODE線図を作成する。

下記の内容を、TFPLOT.PLTとか適当な名前で保存して、伝達関数と周波数の範囲を適当に編集して使ってください。

reset
clear
j={0.0,1.0}
########伝達関数の記入################################################ 
L=33.0e-6
C=6600e-12
R=50
TF(s)=R/(L*C*R*(s**2)+L*s+R)
########周波数の範囲################################################## 
set xrange [10e3: 2e8]
########以下は各種設定################################################ 
TF1(x)=TF(j * 2 * pi * x)
set angles degrees
set format x "10^%01T"
set logscale x
set multiplot
set xlabel 'frequency [Hz]'
set nokey
set size 1.0,0.6
set origin 0.0,0.4
set ylabel 'Gain [dB]'
plot  20*log10(abs(TF1(x)))
set size 1.0,0.4
set origin 0.0,0.0
set ylabel 'Phase Shift [deg.]'
set ytics 45
plot arg(TF1(x))
unset multiplot
exit

名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー