解離性同一性障害

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

解離性同一性障害

いわゆる、多重人格の事。精神疾患の一つで、特に幼児期に性的虐待など、強い精神的ショックを受けると起こるってしまう。
強い精神的ショックを受けた際、「自分以外の誰か」になりすましそれが終わると「元の自分」に戻って日常生活を続ける。
主な治療法としては、カウンセリング等で人格を消去、または統合していくというものが上げられていた。しかし近年では、精神的な殺人と同じではなどの意見から、この治療法には否定的な意見も出てきている。
詳しくはwikiや、医学書などの専門書を参照のこと。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E9%87%8D%E4%BA%BA%E6%A0%BC


本作品中では蒼葉梢がこの病気を患っている。彼女の場合の精神的ショックとは、身近なものの死、つまり大事なものを失ってしまう事にあると思われる。また、割と軽いショック(転ぶ、後ろから突かれる、パンツを見られる)で人格が変わることから、重度な症状だと思われる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|