529 :無名草子さん:2009/02/12(木) 22:38:53
……
石川文康『カント入門』(ちくま新書)は最初読んだときは無味乾燥だなぁと思ったけど、
今ちょっと見なおしたら、堅実な構成で三批判書を網羅してて入門書としては悪くない感じ。
やっぱり純理のアンチノミーから入るのが常道だと思われる。
『悪について』はカントの倫理学だけだから、最初に読む入門書としては不向きですかね。
中島先生の方がなんか生々しくて切実な感じで、内容の深さという点では上だったかも。

⇒アマゾンリンク


[参考書籍]

中島義道『悪について』 (岩波新書)