524 :無名草子さん:2009/02/10(火) 21:44:40
>>523
折角なので本スレのやり取りをコピペしとく。


967 名前:無名草子さん :2009/02/10(火) 19:29:54
以前、フーコーの話とかでてきたけど、
中山元の「フーコー入門」とかではダメなの?

968 名前:無名草子さん :2009/02/10(火) 20:41:11
中山元のちくまのフーコーは、内田隆三のよりはいいし、スタンダード
入門なら洋泉新書の方がいいが、ちくま以上ならクセジュのがいい

969 名前:無名草子さん :2009/02/10(火) 21:01:46
>>968
これ?
http://www.amazon.co.jp/dp/4560058024/

970 名前:無名草子さん :2009/02/10(火) 21:20:57
>>969
クセジュはそれです
フランスでの評価も微妙に加味されていて、面白いですよ

707 :無名草子さん:2009/03/01(日) 12:46:59

> 中山元『フーコー入門』 (ちくま新書)
だいぶ前に読んだやつだが、手堅い印象。
おもしろいといえばそうなのだが、この本がおもしろいからではなく、
フーコーがおもしろいからそうなる。

(同じちくま新書の『ハイデガー入門』や『メルロ=ポンティ入門』は、
この本自体がおもしろいという印象。
こちらはその分入門書としてはちょっとハードルが高い。)

⇒アマゾンリンク

[ 参考書籍 ]

フレデリック・グロ『ミシェル・フーコー』 (文庫クセジュ)