※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

705 :無名草子さん:2009/02/28(土) 22:23:29
どうしても『昭和史』はふるいからなぁ。
おなじふるい本なら入江昭の『日本の外交』を推薦したい。
190ページもない薄い本で、最終章は外交論だから、本編はみじかくてすぐ読める。
でも、いまだにこれを教科書にして授業してるひともいるようだし。
読んだのはずいぶんまえだけど、印象にのこってるのは、
「当事者がどう考えてそれ(政策)をやったのか」って点に注意していたことか。
まあ事実の羅列じゃなくて、思想の面に重点をおいた記述だったと思う。
著者はいうまでもない大物。彼についてしりたいときは、講談社現代新書『歴史を学ぶということ』をどうぞ。
まあ苦しんだような記述はすくなくて、恩師への感謝の言葉がおおいので逆境の糧にはならないかも。

822 :821:2009/04/11(土) 22:50:34

入江昭『日本の外交』(中公新書)も既に名著と言われているが、
古いと言う人もいるかもしれない。『新・日本の外交』という続編も出てるのだが。。

 ⇒アマゾンリンク