470 :さすらいのモンゴル人 ◆..twbOLB1g :2008/07/27(日) 19:13:49
他スレにも書きましたが、講談社現代新書の『見えないアメリカ』は良書かと思います。
「共和党」「民主党」だけではない、多面性を持ったアメリカの一端がわかります。
多数派の、反ワシントン感情の強さとか、ナショナル・レビューなんか読まない保守派とか、
豊富な話題で固定観念を壊してくれる一冊です。
著者は選挙活動を実地で経験しているので、面白い体験談もいっぱいです。

855 :無名草子さん:2008/11/07(金) 01:52:11

渡辺将人 『見えないアメリカ』
⇒最近読んだ。これは思いのほか面白かった。個人的には『ルポ・貧困大国アメリカ』⇒アマゾン)よりずっとよかった。
新書だけでも類書が多いので、もう少し読み比べてみたいところだが。。

⇒アマゾンリンク

 

l