※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

504 :無名草子さん:2009/02/09(月) 13:49:57
三田村泰助の宦官ってどんな本?
そこまで有名な学者ではないよいね

509 :無名草子さん:2009/02/10(火) 00:27:22
>>504
著者は中公文庫の中国史と河出文庫の世界史シリーズにも執筆してる。
おなじシリーズで書いてる貝塚茂樹や宮崎市定にくらべればマイナーだけど、
けっこう有名な学者といっていいと思う。
もともとは「満蒙」研究をやってたが、今では明清の研究者として有名。
京大出身者の通例として内藤湖南の影響が大きくて(というか湖南晩年の弟子)、
『宦官』とおなじ中公新書で湖南の伝記も書いてる。
戦後しばらくの、いわゆる社会経済史全盛のころに我関せずで政治史・文化史をやってた。
そういえば著述の傾向はわかってもらえると思う。

ベストにいれるような本じゃないが、『内藤湖南』はよくまとまってると思う。

⇒アマゾンリンク