Poli-NUX計画


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Poli-NUX計画:ダウンサイジングとブロードバンドを政治にも


LAN構築技術の政治化 - 「国家」から「圏(area:エリア)」へ

人口1000万人の"市#が人口100万の"国#の下部機関とされる統治関係を是正する国際
的な標準政策処理機構規格として"圏#を領域設定し、将来的にはそのISO化を求める
(PC用OS同様、地域の言語基準や文化習慣に合わせた限定な機能適用もOK)

マルチタスク技術の政治化 - "三権分立#から"三務分担#へ

立法府と行政府を"政務#機能に統合して[行政立法]という詭弁を解消し、新たに経済
政策と予算分配を"財務#機能にスタンドアローンし、司法の独立性を向上した"法務#
機能で統括制御する事で、政策処理クロックをアップデートする。

バイオス設計技術の政治化 - 一院二議会#制度による政策決定の効率化

衆参逆転#に代表される政策処理の空転化防止と政策決定クロックの向上の為、
1議 場に両院議員を集約して包括審議する"デュアルCPU#方式で国会運営する
(衆議員1年 ・参議員4年[2年ごとに半数を改選]・参政員1年[オンブズマン制度])

ユーザーフリー技術の政治化 - 祉(Sitey:シチー)」単位の自治

都/道/府/県/市/町/村単位に轢断された地方自治体を、人口20万~40万前後の"祉#
レベルにクラスタを再編成し、"祉民(シチズン)#による政治参加を促す連邦制度と
しての"圏#へツリー構造化する[圏は道路交通・送電通信・上下水道などの保全整備
のみ政策処理する
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。