ネオコンの退潮と多極化


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

743 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2008/05/31(土) 05:32:09 ID:8pVgLY4e
1991年ソ連崩壊後、資本主義の勝利が喧伝され「なんでも米国に従えば良い、なんでも市場に任せれば良い」という考えを人々は頭に叩き込まれた

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E9%80%A3%E5%B4%A9%E5%A3%8A
1991年12月25日ソ連崩壊 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


資本主義の共産主義、社会主義に対する勝利、世界全体が右に振れた
日本も右に振れた、それ以降日本の若者が右傾化したという

また、ソ連という敵がいなくなり、米国は日本をライバル視するようになった
年次改革要望書により、日本を間接経済侵略し、資本主義の食物連鎖に組み込もうとした。資本主義食物連鎖の頂点に立つ米国は・・

しかし、2007-2008年のいま、ゆり戻しが来ていると見る
1.手放しの資本主義礼賛は、地球環境を破壊し、国民の安全と安心を損ねる
  ホリエモン、コムスン、耐震偽装、食品偽装、殺人エレベータ、中国毒物入り商品、BSE、環境破壊・・・
  市場原理に任せてはいけないものがあることが分かってきた

2.米ネオコンの退潮
  1991年12月25日ソ連崩壊後、世界で唯一のスーパー大国になったアメリカ、世界で意のままにならぬものなし、国連を軽視するようになった
  国連は、多数決=米国も一票で小さな国も一票、”こんなのやってられんぞ”というのがネオコンの主張
  しかし、神の配剤かイラク侵攻の失敗でネオコンは退潮した

2008年のいま、ゆり戻しが来ていると見る
90年代日本をライバル視していた米国は、超大国中国の勃興とロシアの復権で、再び日本を有力なパートナーとして必要とする時代が来ていると見る

ポイントは、日本の政治が米国金融グローバリズムをうまく制御することだ

http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1207309012/3
資本主義というOSは不具合が多発だ!part5

744 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2008/05/31(土) 10:40:26 ID:fJm4c8YD
グローバリズムをうまく制御・・・・
グローバリズムを制御しようとして失敗したのはネオコンだと思うw

wwwwwww

745 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2008/05/31(土) 11:19:14 ID:CDyjEVJd
part7が、500KBオーバーする前に新スレ立てた

資本主義というOSは不具合が多発だ!part8
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1212179384/

743
これ誤爆
新スレの3のつもりが誤爆で9にww
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1212179384/9

744
グローバリズムをうまく制御・・・・
グローバリズムを制御しようとして失敗したのはネオコンだと思うw

言葉は正確にな
”米国金融グローバリズム”だ

”グローバリズムを制御しようとして失敗したのはネオコンだと思う”は
”グローバリズムを中東に押し付けようとして失敗したのはネオコンだと思う”が正しいだろうよw

ネオコンは”グローバリズムを制御しよう”とは思っていなかったろう

746 名前:前スレより参加させて貰ってます[] 投稿日:2008/05/31(土) 12:26:18 ID:EthcUkgv
744
横槍入れてすまんが、

ネオコンの論客(ロバート・ケーガン)が当時

これからの世界は今までのように協調型の世界ではなくなった。グローバル化し、
多元化した世界では文明の衝突と混乱を避ける事は出来なくなるだろう。
故にアメリカはこの世界に対して
神話上の怪物(リヴァイアサン)として君臨し、
その恐怖と支配力によって世界を安定させる使命がある

というような事を言ってた。ネオコンのこの理念は結局は頓挫したが、当初の彼等は本当に世界の
一極支配が必要であり、それが出来るのは「偉大なる怪物としてのアメリカ」だと本当に思っていたらしい
対立する概念の無くなった世界でのイデオロギーの暴走ってのは、やはり怖いですね

747 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2008/05/31(土) 12:57:32 ID:6oOL6DTg
田中宇さんの言ってるネオコンが世界の多極化を狙ってる、というのはどーなのかな? あくまで仮説にすぎないかね。
多極化すると確かに雨の負担は減るんだけど。

748 名前:前スレより参加させて貰ってます[] 投稿日:2008/05/31(土) 13:13:01 ID:ouD8gKUu
747
確か「イラク戦争は自滅戦略である」とかいう人でしょ

だけど、国際金融支配と軍事力というのは裏表(金貸しと893)の関係にあるし
現在の所、基軸通貨特権を持ってるアメリカの負担は通常の国が意味する所の「負担」とは
かなり意味合いが異なるんじゃないかと思う。

つまりアメの負担は、ある面では特権でもある。だから、わざわざその特権を手放すような事をするか
どうかが少々疑問なんですな

まあ、イラク戦争の失敗で中東は更に不安定化して
石油産出国の力が増大するようになったのは事実だけど・・・。じゃ用があるので、また

749 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2008/05/31(土) 13:39:14 ID:CDyjEVJd
746
ネオコンの論客(ロバート・ケーガン)が当時
 ・
というような事を言ってた。ネオコンのこの理念は結局は頓挫したが、当初の彼等は本当に世界の
一極支配が必要であり、それが出来るのは「偉大なる怪物としてのアメリカ」だと本当に思っていたらしい
対立する概念の無くなった世界でのイデオロギーの暴走ってのは、やはり怖いですね

同意
そう思う
アメリカはイラクを支配できると思っていたろう
いや、中東全体を支配できると

750 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2008/05/31(土) 13:41:53 ID:CDyjEVJd
747
田中宇さんか
この人いうことが、あやしい
新興宗教の教祖さま的www

748
確か「イラク戦争は自滅戦略である」とかいう人でしょ

ばかだね

つまりアメの負担は、ある面では特権でもある。だから、わざわざその特権を手放すような事をするか
どうかが少々疑問なんですな

同意
全く疑問
単に、ブッシュとその取り巻きネオコンが単純バカだったってことよw

751 名前:名無しさん@3周年 ◆9YzZouIJBw [sage] 投稿日:2008/05/31(土) 13:58:18 ID:0VD4nWqo
田中氏が最初に多極という言葉を使ったのは私が確認した範囲ではメールマガジンで2003年7月15日

田中氏は以前からフォーリン・アフェアーズという雑誌?を読んでおり、その中の記事を高く評価していたようだ。
しかし、911以降はその雑誌の記事には正義の戦争を礼賛するものが目立ってきたそうだ。
しかし2003年7-8月号ではアメリカだけが正義というという一極集中主義を批判し多極的な世界を目指す論評が目立ってきていると田中氏は考える。

ここからは私の推察だが、田中氏はおそらくフォーリン・アフェアーズは相当政治的な意図によって雑誌が構成されていると考えているようだ。
たとえば911以降はアメリカの方針として正義の戦争を行う。という基本的なものが出来たからその雑誌の記事もそのようになった。
そして2003年7-8月号では多極主義的な論評が目立ったので、アメリカの方針が多極主義的に変化していると考えたと思われる。
このことを田中氏はアメリカの多極主義路線が推進しているひとつの証拠として考えていると推察する。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。