※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

公立高等学校の再編成計画に乗っ取って、統廃合や学級数減が進んでいますが…

 中学校の立場からすれば、今年進学した生徒が3年間どのように過ごして高等学校を卒業できるかというビジョンがもう少し明確にいただきたいと考えます。


 例えば 邇摩高等学校は今年こそ募集定員に変更はなかったのですが来年、あるいは再来年には必ず一学級減少します。それに伴って、必ず、先生方の定数も減少します。すると、総合学科の特色である、選択教科の開設が本年より減少の可能性は高い。邇摩高校の先生方は、今年入学の生徒には今のカリキュラムの提示を卒業までまもるというお話でしたが、確約ではないでしょう。現実には難しいと思います。


 学級減になった江津高校、募集停止がはっきりして、今年の募集に影響がでるのは必至の邑智高校、それらの学校の説明会に、高校側から、なら今年入学する予定の中学3年生の、3年間の生活がどうなっていくか、その説明がもっとあっても良いのではないかと思うのですが、入試の説明に終始する携行があり残念です。(邑智高校が、本日説明会だそうで、仁摩からは通学が難しいので説明会には参加しておりませんが…)


 もっと、受験生を抱えた保護者の気持ち人会って、入ってからの生活や卒業するときの見通しをお示しいただき、それを目指した、私立高等学校以上の意欲的な学校経営を、公立高等学校各校に、期待しているのは一部の声ではないように思いますが…。