※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インターネット関連企業「ライブドア」グループに対する一斉捜索について

 18日付の米紙ニューヨーク・タイムズは
「インターネット企業への強制捜査で日本株下落」との見出しで報じ、多くの日本人が強制捜査の背景に政治的意図があるのではないかとみていることを指摘した。

 「高慢できざなキャピタリストである堀江社長がやり玉にあがったことは、堀江氏は生意気だが日本のビジネスと文化を変えるためには効果的だ、と考 えていた日本人にとってショックだった。小泉純一郎首相もその一人で、昨年9月の選挙で堀江氏を改革派候補者として抜てきした」と解説。
 日本のビジネス界は「堀江氏の攻撃的なビジネス手法、時間外取引など自ら灰色と認める金融取引、テレビに露出して自家用機で飛び回る派手さを忌み嫌っている」と指摘した。
 日本は変わるべきだという声と
 あのやり方は不健全だという声と
 両方が響いている中で、われわれは、どちらを選択するようになるかが、大切なのかもしれませんね。