First to Fight


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Close Combat:First to Fight

アメリカ海兵隊が訓練用に開発したものを、市販用ゲームにアレンジしたものだそうです。
America's Armyのようにリアル系のFPSです。


海兵隊でどのような訓練に使われていたのかよく知りませんが、
シングルではこのようにBOTをいれたチームを構成して、ミッションをこなしていくようです。

さて、ゲーム画面。銃は一瞬M4かと思いましたが、M16だそうです。

敵発見。スコープモードで射撃。

チームメイトのBOT君たちもがんばってます。

ちなみにBOTへは、右クリックしてこのようなコマンドリストを出して、マウスで選択します。
Battlefield2のラジオメニュに似ているような。

敵が落としたAK74も拾えます。残念なことに予備の弾倉がなく、すぐに弾切れに。

とまあ、こんな感じですが、ミッションの開始時やチェックポイントの通過時に、
この次に行われるであろうアクション(ドアを開けて突入しクリアランス、など)の解説ビデオが流されます。
ドアを破ったらこういうルートで突入しつつ敵を征圧する、といった感じです。
CounterStrikeなど他のFPSに使えるかもしれないと、練習を心に決めました。

関連サイト


コメント

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。