TheRegiment


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TheRegiment

The Regiment

Kuju Entertainment開発、Konami of Europe発売の、英国特殊部隊S.A.S.をテーマにしたFPS、タクティカルシューティングです。元隊員をコンサルタントに迎えたというのが売りのようで、ムービとして登場しますが、何を言っているのかわからず。。。


どのようなゲームか

簡単に言えば、RainbowSixやSWATのようなFPSです。
チームメイトのBOT君たちに指示を与えながら、テロリストが占拠している建物内に突入し人質を救出する、といった感じです。


ということで、BOT君への指示が必要なのですが、このようなRainbowSixタイプのインターフェースです。Actionキー(デフォはスペースキー)を押してメニューを出し、キーを離すとそれが実行されます。Battlefield2でも同様のインターフェースが使われていなす。
人質の拘束などにもこのメニューを使うのですが、間違ってマウスクリックして射殺してしまいました(誤射?)。


これは人質を拘束しているところです。

気づいた点


ゲームモード(レベル?)は、アーケードとシミュレータがあり、敵AIのレベルが変化するのかわかりませんでしたが、インジケータなどのインターフェース周りは変化します。


これはアーケードモードですが、ズームでのアイアンサイトでさえ照準(クロスヘア)が表示されます。


一方、シミュレーションモードでは、通常でも照準が表示されません。また、他の隊員(BOT君)の情報や、残弾数などの情報も出ません。

また、作戦に際してはObjectiveが示され、その達成度合いが足りないと次のステージに進めず、いらいらさせられます。私は最初のステージであるイラン大使館のステージを何度もやらされ頭にきました。SASは軍隊ですので、SWATのような警察組織をテーマにしたゲームとは異なり、犯人逮捕や人質の救出に重点をおかず、さくさくとプレイできるようにしてもらいたいものです。

SASということで、初期装備はMP-5ですが、殺したテロリストの武器を拾えますし、なぜかあちらこちらに落ちていたりします。銃器は同じみなのものが多いなという印象を受けました。

タクティカルシューティングとしては、動きが軽快でダッシュも可能で、ライトな感触です。コンシューマ版(PS2版)もあるようなのですが、PC向けに作られたFPSといって問題のない、コンシューマの香りを感じさせないつくりで好感が持てます。あえてコンシューマ版があるっぽいといえば、グラフィックが大したことなく、非リアル系のグラフィックを狙ったのかなと思うくらいです。

関連サイト


コメント

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。