FullSpectrumWarrior:TenHammers


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FullSpectrumWarrior:TenHammers

Full Spectrum Warrior:Ten Hammers

THQの分隊の戦闘をテーマにしたFull Spectrum Warriorの続編です。FSWは、もともとは米軍の訓練シミュレータなのだそうです。


気づいた点

ゲーム画面はこんな感じで、分隊の移動・行動指示を行っていきます。最初のミッションはチュートリアルもかねており、一通りの操作を覚えていきましょう。


FSWと比べてTenHammersの新しい点として、1つの分隊(4名)を更に2つのチームに分割できるようになっています。(もっとも、FSWは最後までプレイしたわけではないので本当に新しいのか若干不安ですが)


FSWは複数のチームを連携させることに重点が置かれており(そういう目的の訓練シミュレータだったため?)、チームを切り替えながらゲームを進めていくのですが、こんな感じに攻撃しているチームの前方に別のチームを位置させてしまうと、いとも簡単にフレンドリーファイアしちゃいます。


あと、APC(ブラッドレイ)を操作することができました。分隊の操作と同じ操作系なのですが。



FSWは、「FPSのような画面に見えますが実は...」とよく評されるほど、FSPっぽく見えるんだけど実は全く違うゲームで、あえて言えばリアルタイムタクティカルというようなジャンルのゲームかと思います。非常に独特というかオリジナリティが高いと思います。

マルチはどんな感じなのか想像がつきにくいのですが(機能としては載っていますが)、シングルはFPSのシングル同様にスクリプトベースのAIが登場し、ここに敵がいてこう攻撃すればいいようになっている的にデザインされたステージを攻略していくことになります。

FSWは早々にXbox版が発売されており、コンシューマ版がメインなのかPC版がメインなのかわかりませんが、敵の掃討も隊員への間接的な指示で行われユーザによる精密なエイミングを必要としない(エイミングしても意味がない)ので、コンシューマ機の方がかえってプレイしやすいかもしれません。

隊員への指示ですが、イメージ的には小隊長から分隊長に無線で指示(これがユーザの操作指示)が送られそれに基づき分隊長以下が動き出す、という感じで動きますのでどうしてもワンテンポ遅れた調子になりいらつくことがあります。

ゲーム中の視界は、分隊の位置に応じた範囲での決まる、スニーキングアクション的な動きをし、またチームの切り替えによって視点が移動するため、結構3D酔いしました。

最初にFSWが登場したのが2004年で、それ以降FSWに似た感じのゲームは登場していないように思いますが、今後の展開に期待です。


関連サイト

Full Spectrum Warrior:Ten Hammers公式サイト
http://www.fullspectrumwarrior.com/fsw2/index.php

4GmaersのFull Spectrum Warrior:Ten Hammersページ
http://www.4gamer.net/DataContents/game/2114.html

コメント

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。