FEAR


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FEAR

F.E.A.R.

デベロッパーMonolith、パブリッシャー SierraのホラーFPSであるF.E.A.R.


拡張パックであるExtraction Point(以下、EP)を先にプレイしてからF.E.A.R.無印をプレイしなおしました。

気づいた点

F.E.A.R.はEPのプレイ前にちょこっとやっていたのですが、高度なグラフィックのため私のPCではフレームレートが出ずに、途中で放り投げていたのですが、設定を最低にすればそこそこ快適に動くことがEPのプレイで反面しましたので、やり直してみた、という感じです。

では、EPとどう違っていたのかというと、まあ操作系とかFPSとしてどうかという部分はEPと一緒です。まあ、当たり前ですが。ミニガンとかEPにしかない武器もあるようです。

ストーリとしては、英語版なので基本的にキャッチアップしていないながらも気づいた点としては、なにや誰かの(自分の?)の出生の秘密が絡んでいる模様。幾度も、フラッシュバックのように誰かの誕生シーンになります。謎の少女と変な全裸女とどう絡むのかは不明。

あと、マップはEPに比べると秘密基地めいた感じがあって、斜めに降りていくエレベータはメタルギアソリッド1を思い起こさせてくれました。

難易度低でプレイしましたので、つまるところはほとんどなかったのですが、通路が爆破されジャンプしようとして届かずにどう行けばいいのかなと迷いウロウロしたもののジャンプポイント選べばジャンプできたところ、が一番迷ったかも。マップデザインがすばらしいので、頭の中でマッピングしなくても、その場でいけるところを進んでいけばさくさくゲームが進んでいきます。

最後は、EPのオープニングシーンでもある、爆発シーン及びヘリでの脱出でも全裸女が!シーンで無印が終わります。こういう風にストーリがつながるのかとわかった反面、一緒だった隊員2名(白人女性と黒人男性)がEPで死んでしまうと思うと、結構むごいというかなんというか。EPで最後自分も死んでいるのかもしれませんが、基本的に登場人物は死にます。

関連サイト



コメント

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル