1-50


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

20 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2008/02/07(木) 19:02:23 O
俺は最強だと思っていた。強い奴を片っ端から葬ってきた。
だがある日、武器も持たない華奢な老人…俺は奴に手も足も出なかった。
人を殺しまくってきた俺は遂に自分が死ぬ番だと感じた
だが老人は俺の命を取らずそのまま去った。人に着いて行くなんて
生まれてこの方、一度もないが、俺は老人の後を追うことにした。
その強さの秘密を知り、真の強さを手に入れるために


22 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2008/02/07(木) 23:35:37 0
燃える太陽を背に受けて、マシンが唸って発進する。
機械鉄人が今、鋼の魂を解き放ち行く!
悪しき者共をぶち壊し、必殺の限界パワーで百烈拳
そう、我は豪華 ああ衝撃


24 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2008/02/08(金) 13:18:06 O
J.J「青春充実大学の菩地ランページは2つの力を持っている
一つはオーラ
あらゆる干渉物を遮断し拒絶する絶対遁甲の力
一つはゼロの騎士団
ぼっちによる彼の軍団
この異なる2つの力を使い菩地はリア充帝国に反逆を挑む
脳内妹が住みやすい世の中を目指して」


25 名前:学生さんは名前がない sage 投稿日:2008/02/08(金) 13:25:24 O
バイオハザードのパクりでモテナイ天才科学者が復讐
のために人間の性欲を異常に強くするウイルスを街にばらまいた
そこから脱出する話


29 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2008/02/08(金) 20:20:41 O
テスト終了後にスペルミスに気づいたその日。
鬱になりながらも家路に着く俺。
その途中、黒髪のロングヘアーな美少女に出会う。
といっても、すれ違っただけだけど。しかし数歩離れた瞬間、
後ろから突然衝撃が走った!すれ違った少女が俺の背中に飛び付いてきたのだ!
そして俺の衣服を剥ぎ取り始めた
俺「な、なにをするんだ!?」
少女「だって性欲を持て余してるんだもん。あなた、そこそこいい男だったし。
だからあたしの性欲を満たして。あなたのも満たされて一石二鳥!」
女とは思えない力と速さで俺をあっという間に全裸にしてしまう。
夜とはいえ、こんな道端で犯されるなんて…いつ人が来るのか気にしながら
少女を引き離そうとするが、上手くいかない。
少女「嫌がってる割りにはここは正直みたいね。てか、包茎なんだ」
しっかりそそり立つ俺の肉棒。そしてコンプレックスを言われ、屈辱を感じた。
少女「じゃああたしが剥いてあげるね。それ!」
包皮を剥かされ、痛みと同時に言葉では言い表せない衝撃が走る
少女「もう感じだしたんだ。犯されてるのにとんだ変態さんね」
反論も出来ず、されるがままの俺…童貞卒業かもしれないのに苦すぎる…


32 名前:学生さんは名前がない sage 投稿日:2008/02/09(土) 01:51:01 0
昨日見た夢をSS風にしてみた


朝起きて、いつも通り身支度を整えて学校へ向かう。
家を出ると、そこは見渡す限り瓦礫の山でした。

真っ先に考え付いたのは大地震の可能性だが、もしそうであれば自分の家が無事なはずが無い。
それを不思議に思い、後ろに振り向くと、さっきまで自分が居た家は廃墟と化していた。
得も言われぬ恐怖と気味の悪さを確かに感じてはいるのだが、
「ああ、視界内に電線が無いところで空を見上げるのは久しぶりだな」
などと頭の中では妙に冷静だった。

とにかくここにいても仕方が無い。しかし公共交通機関が無事かどうかなどは考えるまでもない。
学校に行くことは諦め、とりあえず生存者の確認と情報収集、
当分の食料と必要な生活雑貨を確保するために、
まず向かうべきはバイト先のコンビニであろうと判断した。
周囲の建物に比べ道路は割と状態が良かったので、原付のセルを始動し店へと向かう。
その道中、何人かのルー大柴が何か誘いの言葉を掛けてきたが先を急いだ。


33 名前:学生さんは名前がない sage 投稿日:2008/02/09(土) 01:52:59 0
無事店に着いたは良いが、そこもやはり他の建物と同様の有様だった。
米飯や生鮮食品は崩れ落ちた瓦礫に押しつぶされ、
カップラーメンなどの加工食品も容器が破損し、とても安全に食べられるような状態ではない。
かろうじて無事だったのは缶詰類、頑丈な商品保管用冷凍庫に入っていた冷凍食品、
容器や包装の汚損が商品自体の品質や使用にあまり影響しない雑貨類程度だ。

使えそうな商品を通学で使用しているバッグにかき集めているとき、ふと重要なことが頭を過ぎった。
「そうだ、生存者は?」
大規模な自然災害だったとしたら自分だけしか生存者がいないというのは妙だ。
原付を再始動させ、周辺を探索してみる。
しかし周辺に人の気配は全く感じられない。
それどころか、空気が死んでいるように感じられるほど周囲は静寂に包まれている。
原付に乗っているというのに風圧や重力が存在しないかのような感覚に陥っている。
まるで時間が止まってしまったかのようだ。
それを自覚した瞬間、思考も感情も自分の何もかもが絶望に支配され、
果たしてこんな世界で生きていく意味はあるのか、生き抜いたとしても先に何かあるのか、
そういった負の思考に囚われ、何かをする気力は完全に消えうせた。

店・・・・・・正確には店のあった場所に戻り、崩落の危険性が低いであろうと思われる場所に腰を下ろし、
そのまま悲しみに打ちひしがれながらうずくまり、そして眠りについた――

37 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2008/02/09(土) 18:23:24 O
首都高速をスカイラインでぶっ飛ばす夢を抱く俺
しかし時代はタケコプターにどこでもドアの時代。
車も高速道路もどんどん姿を消しだした。車の免許はともかく
スカイラインを買う金など全然無い。このままでは夢を果たす前に
秘密道具の世の中になってしまう。


43 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2008/02/10(日) 05:35:01 O
自分が美少女を陥れて性奴隷にする。最初は嫌々だったのに
だんだん快楽を受け入れ、最終的に俺無しでは生きていけない身体に
するという話を夢で見た


46 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2008/02/10(日) 21:46:14 O
西部劇で正義の保安官が賞金首の悪に馬で引きずられるシーンなんか
たまにあるが、今の僕はまさにそんな状況。雷電某という相撲取りが
江戸時代に実在していたが、彼よりも二回り大きな、認めたくはないが
同級生の女子に校庭まで引っ張られている。腕がシオマネキみたいな
バランスになってしまうので滑りながら蹴りをお見舞いしてやった
なんとか解放された僕はそこの人形の豚さんに話を聞くことにした…


48 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2008/02/11(月) 00:50:41 0
俺はとあるロボットだ。昔はコマ回したり、ブロック運んでいたりしたが、
今は殺し屋をしている。今回のターゲットは赤い服のヒゲオヤジと
ピンク玉と光線銃持った狐だ。しかし殺し場所が戦艦の上とはまた大胆な。