201-300


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

203 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/11/29(木) 21:38:02
平凡だと自分でも思う。学力、体力、ルックス、地位、交友関係…
俺は何事にも可も無く不可も無くな人間だった。
しかし16歳の誕生日、俺は親父から驚愕の事実を知ることとなる。
なんでも俺を育ててくれた両親は義理の親。本当の親に16歳に
なったら戻らす予定だったらしいのだ。いきなりそんなの受け入れられるかと
反発したが、本当の親の家を見てすんなりそれを受け入れた。
だって、大豪邸じゃん!メイドさんじゃん!超金持ちじゃん!
俺の親はこの人たちだ!育ての親たちよ、BYE-BYE!!

~鬼畜なご主人様☆俺にご奉仕しなさい~


209 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/11/30(金) 08:03:36
スイーツが書きそうなて例えば?


210 名前:206 投稿日:2007/11/30(金) 09:21:24
209
203をスイーツが書きそうな文にすると

ぁたしはふつーだとおもう。
勉強、力、見た目、学校、ダチ・・・
ぁたしはとにかくふつーなんだってば。
けど16ん時さ、おとうさんからすごいこと聞いちゃった!
まじ驚くよ??
実は両親が両親じゃなかった、みたいな?
そんなのまじムリだけどさ、なんかすっごい金持ちが出てきたの。
ぁたしもやっとお姫様としてのおうちに帰れたよ(ワラ


219 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/12/01(土) 03:45:22
最近よく考える設定
  • ある日異世界に飛ばされてしまった主人公達。もとの世界に戻る為に冒険をするという至って普通のお話。
  • 異世界に来たことで身体能力は飛躍的に上がっている
  • 各自それぞれ特異な能力に目覚める(回復能力や超能力等)
  • 主人公は非リア充。変わりたいと思っているが、変わることの出来ない自分にコンプレックスを抱いている。大生板の住民的なキャラ(ただしコミュ力以外の能力は高い。敵の動きを封じたりするサポート役)
  • わき役はよく漫画とかに出てくる勇者的なキャラや主人公的なキャラ(普通の話しだったらこいつらが主役。能力も主人公っぽい)
  • そいつらやヒロイン達と一緒に冒険するが、なかなか馴染めず悩む主人公
  • ヒロインの一人に惚れかけている。が、非リアなので何も出来ない。ちなみにそのヒロインはわき役が好き
  • 冒険を続けている内に、このパーティーに自分がいると邪魔になるんではないかと感じる主人公。
  • 中ボスとの戦い。かなり力の差があり、苦戦する主人公達。場所は崖の上
  • 戦いの最中、わき役の一人が敵の攻撃を受けそうになる→主人公が庇って攻撃を受ける(俺なんかいてもいなくても大して変わらないだろ..俺が死んだら誰か泣いて


220 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/12/01(土) 04:10:07
長すぎて途中で切れちゃったww
これだから携帯は困る。


俺が死んだら誰か泣いてくれるかな)→そんな事を考えながら、最後の力で敵を捕まえ一緒に落ちる
  • 何とか一命を取り留め、その後回復して一人で旅を続ける
  • 旅の途中でかつての仲間を見つける。が、自分がいなくなったのにも関わらず、楽しそうにしている彼らを見て、話しかけることが出来ずに隠れてしまう
  • そうして一人での旅は続く....


  • 旅の途中、一人の少年と出会う。現実世界の弟と似ている為かこの少年に少し親近感が湧く。唯一仲良くする事が出来た弟を思いだし少し寂しくなる..
  • 少年を町まで送り、「さようなら、ありがとうお兄ちゃん」と言われ、こんな自分でも感謝されることが出来るんだ、と、少し感動する主人公。
  • 町を去って少しして振り返ってみると、遠くの方で煙りが上がっているのを見つける
  • 不安に感じ、町へ戻ってみると....そこには敵の襲撃を受け、先ほどとは全く違った光景が....
  • 誰かの叫び声を聞きつけその場所へ行ってみると..見覚えのある少年が敵に襲われていた。そして少年は主人公の前で刺されてしまう。
  • 少年に駆け寄る主人公。今にも死にそうな少年を見て声を出して笑っている敵....そして主人公が止めようとするも間に合わず、敵は少年に止めをさした....その瞬間、主人公の中で何かが変わった....


221 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/12/01(土) 04:12:01
水没した世界
未知の生命体が宇宙から来て人類が絶滅しかけてる
歩行型機械人形でゲリラ戦してる


230 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/12/02(日) 02:53:32
最近は主にフェイトちゃんとの高校生活を妄想してます^^

クラスに転校してきたフェイトちゃん。
偶然、僕はフェイトちゃんが魔法使いである事を知ってしまう....
そして、僕自身にある魔法の才能を....


231 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/12/02(日) 03:01:23
室町後期
足利将軍家と中級貴族の画策により摂関家筆頭近衛家は官位を剥奪される


243 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/12/02(日) 22:15:29
剣闘士養成シミュレーション グラつく
主人公はローマの興業師。
基本的に開催日に各地コロッセオに行き自前の剣闘士団で興業、オフの日は奴隷集めたり訓練したりする。
尚、興業時以外の間には箱庭でリアルに再現されたローマ市街をまわれる。

コロッセオはローマ、イスパニア、カルタゴ跡地、ガリアに存在。
奴隷の購入
各地域のコロッセオに隣接する奴隷市場から購入。
選奴眼が鍵
奴隷は男女各人種(ローマ人、カルタゴ人、ガリア、ゲルマニア人、ヌミディア人、ギリシャ人、)が存在
他に前職の奴隷、軍人、踊り子、罪人等からおおまかな特徴を見極める(あくまで目安)
また名声を高めれば傭兵や自由剣闘士が自らプレイヤーの育成所に来て一時的に力を貸してくれたりする。


244 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/12/02(日) 22:25:22
奴隷の能力
各奴隷には購入時にはマスキングされた能力がある。
筋力、体力、脚力、知力などの戦闘に直結する能力の他に
才能、気性といったパラメータが存在する。
才能はルックス、カリスマなど剣闘士として必須ともいえる素質。
ルックスが高い剣闘士にはかっこいい装備で着合わせさせた、更に優秀な剣闘士はリーダー格にさせてプレイヤーの看板キャラにして名声稼ぎに使ったりする。
気性は剣闘士の人間としての生まれながらの性質。気性の荒い剣闘士を敢えてヒールキャラにしたり、気性が弱くても知力が高い剣闘士は弓兵にしたり、
いいとこなしで気性も弱い剣闘士(大抵安い)の場合は、
敢えて弱い装備やトラップ付近に配備させて派手な殺され方で観客を沸かせる使いきりキャラとして使ったりする


274 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/12/04(火) 16:15:21
スカイボーイズ
環境汚染で遺伝子の女子を作る分子が極端に減少し、ほぼ男子しか生まれなくなった時代
世界は新たに地球に現れたアビスと呼ばれるほぼ鉄の分子でてきた鳥の進化型生命体に席巻され
人類は絶滅の危機に瀕していた。


284 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/12/04(火) 21:14:23
2007年11月24日、大学生活板の復興により非リア住民が自由を再び取り戻した喜びを分かち合い狂喜乱舞している
一方で、侵略者の側であるリア充達はその征服者としての権威を一瞬にして失って悲歌慷慨の中にあった。
大生板の一街道沿いにある一軒の家屋、その外観からリア充が非リア民からの搾取によって建てたものであることが
一瞥で見てとれる白亜の豪邸の居間で、リア充とその妻である肉便器はカーテンを閉じきり電灯も点けずに沈黙の中に
いた。服装は豪勢そのもののいでたちであったが、もはやその顔色容貌からはかつての支配者としての覇気は消え
失せ、ただ絶望感のみに支配されていた。軒先の喧騒から、晴れて自由の身となった非リア民たちの行進が横切ろうと
していることを知ったリア充は、カーテンをわずかに開けて街道に目を向けた。大学生活のロゴや解放万歳の旗を
振りかざし、笛太鼓を鳴らす非リア民の行進。彼らは街道沿いの家屋(ここはリア充の高級住宅街である)に向かい
叫ぶ、「ダイナマ解放万歳!」「リア充は大生板から出て行け!」
「帰れと言われても、一体どこへ帰れというのだ・・・」と口を開くリア充。実は彼らの多くは恋愛板やファ板では負け組みの
半端者のリア充であり、大生板ならば多数派の非リアたちを見下して快適に暮らせるという、実に軽佻浮薄で愚劣な
発想から、大生板に入植したのである。事実、大生板のリア充たちに救いの手を差し伸べる板はなく、彼らは棄民とされた
も同然の状態であった。
ガシャンッ!家の戸を蹴破る音がしてすぐ、階段を荒々しく登る複数の足音。支配された怒りに満たされた非リア達が、
リア充の家に上がりこんできたのだ。「まだ出て行ってないのか!ここは我々の板だ。旅費だけ持ってとっとと出て行く
がいい!」と先頭の制服姿の非リア、大生板自治委員会の地区役員である。その後ろには農具や猟銃を手にする非リア
民たちが義憤に燃えた瞳でリア充を睨み付けていた。「私達だってこの板は長いんだ。それに私達だって君達と一緒に
この板を盛り上げるのに協力して・・・」と言い終えない内に、「今更情けを請うのか?ええい、素直に出て行けば命は
助けようと思ったが・・・お前達、やってしまえ!!」「了解!死ね侵略者!我々の権利も財産も誇りも全て奪ったくせに!」
と非リア民たちは叫び、居間に入ってリア充と肉便器に群がった。
「待て!話せば分か・・・」「問答無用ぉっ!」「ぎゃぁぁぁぁっ!このキモヲタ共ぉぉぉぉっ!」
リア充と肉便器は八つ裂きにされた。スイーツ(笑)


292 名前:学生さんは名前がない 投稿日:2007/12/04(火) 22:09:31
A「昨晩は先生が千年生きられる夢を見ました。」
B「夢は逆夢というが、それはかえって不吉ではないだろうか。」
A「間違えました。先生が千年前に亡くなられる夢でした。」