蒼鋼帝国

正式国名 蒼鋼帝国
国の標語 無し
国歌 蒼鋼帝国国歌
公用語 蒼鋼語
国家元首 蒼皇
首都 暁城府
通貨 フィルン(SFI)
所属同盟 シーニグラード条約機構

- Where Do We Come From? What Are We? Where Are We Going? -

概要

蒼鋼帝国 (そうこうていこく、英: Empire of Sōkō )とは、・・・洋上に浮かぶ諸島から成る、蒼皇を国家元首とする事実上の立憲君主制国家である。T11487に蒼鋼国が成立し、T26535に蒼鋼帝国へ国名を変更した。国名変更とともに、蒼鋼国時代よりも蒼皇の権力が拡大している。蒼鋼人による単一民族国家である。


国名・国旗・国歌

国名
 現在の正式国名は蒼鋼帝国(そうこうていこく、英: Empire of Sōkō )だが、単に蒼鋼国蒼鋼帝国 と称されることが多い。

国旗
 国旗の正式名称は蒼鋼旗であり、太陽や海などを意匠化したものである。蒼鋼旗は蒼鋼国時代から継続して使用されている。

国歌
 現在の国歌である蒼鋼帝国国歌は名称は変更されているものの蒼鋼国時代の蒼鋼国国歌と歌詞、旋律などは何ら変更はされていない。


歴史

  • T11487  蒼鋼国建国

  • T26535  蒼鋼帝国成立
  • T26550頃 国土再開発(二次)終了


法・政治

蒼鋼帝国憲法が国の最高法規である。また憲法には明記されていないが、事実上の立憲君主制である。国政は、基本的には議会で選ばれた首相が行うが、一部の決定権は蒼皇が有している。

主な省庁
  • 総務省
  • 外務省
  • 財務省
  • 法務省
  • 軍務省
  帝国陸海軍
  • 宮内省
  • 経済産業省
  • 国土交通省
  • 文部省
  • 科学技術省


地理・地勢

周囲を・・・などの海洋に囲まれている。最初に蒼鋼国が領土にしていた諸島は、xxxx年頃、海底火山の活動により・・・洋上に誕生した。現在では造成などの再開発により初期の面影は無くなっている。
地上の国境線が無く、・・・と排他的経済水域が接している。

第二次国土再開発

再開発前の空撮写真(T21900頃) 再開発後の空撮写真(T26630)


経済・産業

資本主義・市場経済を採用する工業国であり、T26558時点で、工場規模が世界一の自称 経済大国である。
通貨はフィルン(firn, SFI)を採用している。

農林水産業
  • 自然豊かな国土を活かして、農業や漁業が盛んである。

鉱業
  • 最低限国家に必要な資源は需要を賄うだけの産出量はある。原油も少なからずあるが、多くは輸入に頼っている。 また近年では‘‘ナノマテリアル’’や‘‘タナトニウム’’という物質が見つかり、活用方法が研究されている(一部軍事利用されているという情報がある)。

工業
  • 電気機器、自動車、造船、金属加工、機械工学などの製造業で高い技術力を持つ。電気製品、電子部品、化学製品などの加工貿易が特徴である。軍事技術にも力を入れている。


軍事

 四方を海に囲まれた島国であるため、海軍戦力が最優先で整備されている。過去に外国勢力によって侵攻された時の教訓から、近年、防衛力強化のために戦力を拡大している。
 また空軍はなく、陸軍、海軍ともに航空隊を持っている。ただし、航空機の開発は陸海軍共同で行われることもあり、決して対立しているわけではない。
 宮城や蒼皇の護衛を担当する近衛軍は、軍務省の管轄ではなく宮内省の管轄である。

蒼鋼帝国軍
  • 蒼鋼帝国 陸軍
  • 蒼鋼帝国 海軍

  • 蒼鋼帝国 近衛軍


外交・国際関係

国際関係では基本的に平和的な姿勢をとり、世界中の国と友好関係を築いているといわれている。きたい。

友好関係(友好国一覧順)
  • 君塚商事
  • ユークトバニア連邦共和国
  • レパブリア民主共和国

  • ユークトバニア連邦共和国
帝国が加盟しているシーニグラード条約機構の盟主。友好国。箱庭世界でも影響力が高いと思われる。




このページの内容はフィクションであり、現実世界の実在の人物、団体、その他設定とは関係ありません。