ソビエト連邦海軍(1950年代)

戦艦

  • ガングート級戦艦
同型艦(バッチ1)
3隻 オクチャブリスク・レボリーツィア パリジンスク・コンムナ
マラート
同型艦(バッチ2)
4隻 グラジュダニン ヴォーリャ
リボリーツィア デモクラチィア
同型艦(バッチ3)
3隻 スヴァボードナヤ・ユーク ゲネラル・アレクセーエフ
レスプーブリカ
性能諸元
基準排水量 36,000t
全長 231.5m
全幅 35.9m
最大速度 33.0kt
武装 45口径35.6cm 3連装砲 4基
57口径15.2cm 連装速射砲 8基
ZIF-101 連装対空ミサイル発射機 4基
56口径10cm連装高角砲 4基
58口径37mm連装機関砲 8基
RBU-6000 12連装対潜ロケット発射機 2基

(元)ガングート級は、列強海軍に対抗して超弩級艦の整備を計画するベルカ公国に脅威を感じ、同志スターリンへの懸命な説得と党内争いに勝利した海軍増強を図る一派の主導によってバルト海艦隊向けに建造を命じた革命的戦艦である。何気にオラーシャ/ソ連初の超弩級戦艦でもある。オラーシャ帝国時代で得られたノウハウを基に15インチ砲を背負い式に搭載するように設計された。また、前級の副砲を6インチ砲へ強化した。
本型は、大きく3つのタイプに分かれており、バッチ1は主砲が間に合わない事から14インチ3連装とされ、後に15インチに改装されている。バッチ2は、当初の計画通り建造され、バッチ3は防御力等の改正をおこない純粋な高速戦艦として建造された。
また、バッチ2以降はガングート級を参考にソ連初のブロック船体方式を取り入れているためコスト軽減を実現しており、多数の同型艦が存在することがこのクラスの最大の特徴となっている。こうして同型の改良型を含めて合計10隻もの量産が行われ数合わせ的に各軍港に配備された。
そのため、ソ連の主要軍港に行けば必ず見られるとすら言われ、その建造の多さもあり諸外国からは「標準戦艦」というニックネームをいただいている。
就役した当時は極めて有力な攻撃力と高速力を兼ね備えた戦艦が共産主義国家で大量生産されたことは欧米列強を畏怖せしめ、この量産こそが海軍軍縮の呼び水になったと言えるかもしれない。当の本人は海軍軍縮に参加していないけどね
運用実績は、それまでのエメリア海軍の優秀な船体を参考にしたためオラーシャ帝国時代の建造経験を活かした堅実なものであったこともあり非常に良好であった。特にその砲力、速力は好評で、10月革命時に就役してから長らく使用され国民に親しまれた。また、一部同型艦がボリシェヴィキ側に加担したために共産主義の象徴とする見方もあり、図らずも国際政治でも大きな影響を及ぼしてもいる。
戦績の方は、敵戦艦を撃沈したという華々しい経歴を持つものは殆どなかったが、どの艦も幾多の戦火をくぐり大作戦に顔を出しているのに、撃沈された艦は非常に少なかった。もっともこれは、機動力を見込まれて輸送船団の護衛か上陸支援ばかりに投入されたからだと言われている。

  • ソヴィエツキー・ソユーズ級戦艦(1950年ver)
同型艦
4隻 ソヴィエツキー・ソユーズ ソヴィエツキー・ウクライナ
ソヴィエツキー・ベラルーシ ソヴィエツキー・ユークトバニア
性能諸元
基準排水量 67,120t
全長 275.5m
全幅 39.9m
最大速度 30.0kt
武装 50口径41.3cm 3連装砲 3基
57口径15.2cm 連装速射砲 6基
ZIF-101 連装対空ミサイル発射機 4基
56口径12.7cm連装高角砲 16基
58口径37mm連装機関砲 28基
60口径13mm連装機関銃 16基
RBU-6000 12連装対潜ロケット発射機 2基

20インチ砲戦艦の砲撃でさえも耐えうる装甲を持つソ連海軍を代表する戦艦。攻防速に優れた本級は、就役当初は比較の対象となりえるアイオワ級の機動力を除いた全てを凌ぐ戦闘能力を有している。
装甲は非常に優秀であり、大和型に匹敵する装甲の厚さと対雷防御設計、そしてベルカ人科学者を拉致して作った優秀な対空火器とそれを助けるレーダー機器の性能は、防空の鬼オーシアの防空艦に匹敵するものであった。本級を防御特化型の戦艦としての地位を確立し、ハイブリット集中防御式の傾斜装甲などの防御機構防御機構に加えて、舷側装甲450mm、甲板装甲200mmと防御力はきわめて高く、装甲だけでも大和型の砲撃を凌ぐことが可能である。装甲の厚さや革新的な船体防御方式も相俟って、浮沈戦艦の異名を頂戴している。中でも特筆すべきなのは、ソ連初の艦対空ミサイルの本格的な搭載で、オーシアの近接信管弾に似た技術を用いた高角砲群と組合すことで強固な防空網を形成する。主砲は対艦弾のほかに、近接信管の技術を応用して作られた新型の対空弾B-38を射出可能。これは、B-03対空榴弾が榴散弾で炸裂箇所を頂点とする傘状の危害範囲であるのに対してこちらは炸裂箇所を中心とする周囲全域に渡ってくまなく危害を及ぼす兵器であるため高速の航空機相手であっても命中を期しやすく、威力は同口径の対空榴弾の比ではない。

  • レニンスキー・コムソモール級戦艦(1950年ver)
同型艦
4隻 レニンスキー・コムソモール クラスヌイ・ピオネール
ナロードヴィキ パリジンスカヤ・コンムナ
性能諸元
基準排水量 73,650t
全長 280.5m
全幅 40.3m
最大速度 29.8kt
武装 50口径45.7cm 3連装砲 4基
60口径20.3cm 3連装砲 2基
SM-70 4連装対艦ミサイル発射機 4基
57口径15.3cm連装両用砲 10基
56口径12.7cm連装高角砲 8基
60口径25mm 3連装機関砲 26基
60口径20mm連装機関砲 12基

ソヴィエツキー・ソユーズ級に続く、ソ連の新世代型戦艦として注目を浴びている大型戦艦。計画名「24号型戦列艦」。ソヴィエツキー・ソユーズ級の優秀なダメコン能力を引き継ぎつつも、より攻撃的な設計となっており、対艦戦闘はもちろんのこと、対要塞戦に使用しても支障をきたさないほどの重防御と攻撃性を高めている。

中央委員会の要請によって、本級の装備は非常に野心的な設計となっている。最新レーダー搭載型の対艦ミサイルが敵戦艦を捕捉し精密に誘導することによって敵戦艦の機動力または交戦能力の低下を狙い、これによって相手の射程範囲外から一撃を加え、艦隊戦闘になる前に敵艦隊の兵力を磨り潰して、通常砲撃の射程内に入る頃には戦局を優位に進める事が出来る。さらに、主砲にはB-8 SHS弾を用いているため51cm砲搭載艦と同等に戦えるようになっている。



  • レーニン級超戦艦
同型艦
4隻 ウラジミール・レーニン ヨシフ・スターリン
マルクス エンゲルス
性能諸元
基準排水量 81,130t
全長 310.5m
全幅 45.0m
最大速度 29.8kt
武装 50口径53.3cm 3連装砲 3基
17.8cm 25連装対空ミサイル発射機 4基
65口径15.3cm単装高角砲 8基
65口径15.3cm連装高角砲 14基
56口径12.7cm連装高角砲 8基
65口径10cm連装高角砲 12基
65口径10cm単装高角砲 6基
60口径25mm 3連装機関砲 40基
ZIF-101 連装対空ミサイル発射機 6基
SM-70 対艦ミサイル連装発射機 4基
RBU-6000 24連装対潜ロケット発射機 4基

ソ連最高峰の科学者達の英知を結集して建造されたソ連脅威のメカニズム戦艦。
ニミッツ級とほぼ同じ船体に潤沢な艦載装備を施し、ソヴィエツキー級より進んだ発想による装甲の着装、ダメコン要員を多く確保するための膨大な船員数(乗員4000人)を確保、そしてより強力な主砲である20インチ砲の装備が特徴的である。この21インチ砲は大和型を遥かに上回る破壊力を持つ艦載砲で、ソビエトの英知の塊ともいえ、非常に優れた治金技術が成せる業である。そこ、すでに扶桑やオーシアで実用化しているとか言わない。

重巡洋艦

  • ボロディノ級重巡洋艦
同型艦
18隻 イズマイル ボロディノ
キンバーン ナヴァリン
オリョール スラヴァ
アムール ヴォストカヤスク
ヴォルゴグラード ニコラーエフ
グロズニーグラード ヴォルガ
ゼルノグラード サンクトペテルブルク
シーニグラード オクチャブリスク
ノヴォロシスク オデッサ
性能諸元
基準排水量 21,830t
全長 213.5m
全幅 24.1m
最大速度 33.0kt
武装 20.3cm 3連装砲 6基12門
56口径12.7cm連装高角砲 8基
45mm単装機関砲 8基
12.7mm連装機関砲 7基
航空機 偵察機 6機

ソ連海軍の標準的な重巡洋艦。しかし、同時期に建造されたオーシアのデモイン級を上回る排水量を誇り、20.3cm砲を6基も搭載するなど、ユークの攻撃的な姿勢が見て取れる。
本急の設計概念は小艦タ数主義と通商破壊及び船体護衛を目的としての役割を担うことである。1930年代から漁業海軍から急に外洋海軍を目指した結果であり、その歪な設計は強大な戦闘能力と引き換えに居住性を犠牲にしたといわれている。
設計にはブロック工法と電気溶接が使用されているため、短期間で多くの艦を建造することが可能となった。
機関はディーゼルエンジンを4基搭載し、スクリュー軸に連動した4つの発電機によって大電力を生み出すことが出来た。30秒近くで最大戦速に達するなど、優れた機動力と速力を誇る。
また、これらの大電力を電波通信機器や暖房機器、または尽力不足を補うために使用されており、半自動化されているため従来艦と比較して少人数での運用が可能となっている。
砲数とレーダー射撃による一方的な戦闘を考慮しているために機動性と攻撃力は高い水準にあるが、徹底した簡素化が祟って水雷防御が低く、一発で轟沈しかねない欠点を持つ。
また、本級も例に漏れず、対空装備は潤沢に予算を使っており、防空を専門としていない艦艇でありながら優秀な索敵レーダーによって、重厚な対空網を形成する。

  • キーロフ級巡洋艦
同型艦
6隻 キーロフ ヴォロシーロフ
マクシム・ゴーリキー モロトフ
航空巡洋艦 カリーニン ラーザリ・カガノーヴィチ
性能諸元
通常型 航空巡洋艦型
基準排水量 25,830t 29,220t
全長 217.5m 220.0m
全幅 23.6m 25.0m
最大速度 33.1kt 30.5kt
武装 30.5cm 3連装砲4基 30.5cm 3連装砲2基
56口径12.7cm連装高角砲12基 56口径12.7cm連装高角砲8基
45mm単装機関砲12基 45mm単装機関砲10基
12.7mm連装機関砲4基
533mm 3連装魚雷発射管2基
航空機 3機 10機

ソ連海軍の上位主力艦、ボロディノ級の拡大発展型であり、大型巡洋艦とでも言うべき代物。扶桑海軍でいう超甲巡であり、まさにお前のような巡洋艦がいるか。
艦隊旗艦となるべき最新鋭戦艦の建造の礎として、巨大な環境と式通信設備を整えていた。
おおがあたかいた機関部に大容量の蓄電器と発電機を備え、余剰電力をレーダーや兵装の半自動化に回している。
主砲はガングート級のバッチ1改装時に外された30.5cm3連装砲のものを1番艦から3番艦まで使用しており、4番艦~6番艦は新規のものを採用している。およそ25,000mで280mmの装甲を余裕で貫通できる破壊力を有している。
砲弾の装填は半自動化されているため、1門あたり毎分4発発射できるが、放熱のために長時間の連射は厳禁とされている。
対31cm防御として舷側210mm、甲板80mmであり、重巡洋艦としては破格の重装甲である。就役以降、本九は対巡洋艦キラーとしてベルカ海軍に恐れられ、北海で大暴れしている。

  • スターリングラード級大型巡洋艦
同型艦
4隻 スターリングラード ヴォルガグラード
ウリヤノフスク クラースヌイ・カフカス
性能諸元
基準排水量 42,330t
全長 210.5m
全幅 22.0m
最大速度 32.5kt
武装 35.5cm 3連装砲 4基
56口径12.7cm連装高角砲 6基
37mm連装機関砲 16基
533mm 5連装魚雷発射管 4基

  • クロンシュタット級巡洋艦
同型艦
6隻 クロンシュタット セヴァストポリ
ユジノサハリンスク ペトロパブロフスク
ガングート ポルタヴァ
性能諸元
満載排水量 42,760t
全長 273.5m
全幅 32.9m
最大速度 33.0kt
武装 45口径35.6cm 3連装砲 4基
57口径15.2cm 連装速射砲 6基
56口径12.7cm連装高角砲 10基
58口径37mm連装機関砲 7基
60口径13mm連装機関銃 8基

世界各国の大型巡洋艦や装甲巡洋艦に対抗するためだけに建造された巡洋艦のような何か。巡洋戦艦と銘打っているが、実質は装甲を施された高速戦艦。


  • ツングースカ級巡洋艦
同型艦
4隻 ツングースカ マウリポリ
イクルーツク ルガンスク
性能諸元
満載排水量 22,990t
全長 230.5m
全幅 26.3m
最大速度 32.5kt
武装 20.3cm 3連装砲 4基
56口径12.7cm連装高角砲 12基
10cm両用砲 6基
37mm連装機関砲 22基

ソ連機動部隊の要とも言える革命的防空巡洋艦であり、一隻で艦隊の防空を担える巡洋艦として建造された。最新の射撃管制装置と連射性の高い高角砲、さらにベルカの技術を用いたレーダー機器の搭載により、ヘカトンケイルの腕とも称される圧倒的な対空能力を有する。
32の目標を捕捉し、同時に4つの標的を撃墜するだけの対処能力を持つことから、ヒュドラの目を持つと評されている。
北海艦隊と太平洋艦隊にそれぞれ2隻ずつ配備されている。

巡洋艦

  • アドミラル・ラザレフ級巡洋艦
同型艦
8隻 アドミラル・ラザレフ クラスヌイ・カフカース
アドミラル・パブロフ アドミラル・イストーミン
アドミラル・コルニーロフ アドミラル・グレーイク
アドミラル・スピリードフ アドミラル・ブタコフ
性能諸元
基準排水量 10,800t
全長 197.0m
全幅 21.5m
最大速度 32kt
武装 57口径18.3cm連装砲 4基8門
48口径15.2cm連装砲 6基12門
25mm機関砲 8基16門
533mm連装魚雷発射管 4基
24連装ロケット砲 6基
爆雷・機雷 100発
搭載機 偵察機 1機

アドミラル・ラザレフ級巡洋艦とは、ソ連が建造した軽巡洋艦である。
当時ソ連海軍は駆逐艦隊に随伴可能な巡洋艦を有しておらず、船体を随伴可能な指揮戦闘艦を欲していた。従来の巡洋艦では駆逐艦隊に随伴するには小回りが効かず、速力も不足気味であったという欠点があった。
本級はそれまでの漁業海軍のように粉氷艦基準の寸どうな船体形状から凌波性を重視した外洋航海向けの船体比が採られており、加速性・運動性が大幅に向上しているのが特徴。また、装備品の多くが駆逐艦と共用できるようになっており、補給や整備の面でも手間が掛からない。
前代「クラスヌイ・カフカス」級から転用した57口径18cm連装砲は1門あたり97.5kgの砲弾を毎分10発発射可能で、最大射程距離は37,130mにも達した。さらに、あらゆる任務に対応できるように対潜ソナーや爆雷等汎用性の高い巡洋艦として完成した。
しかし、本来想定した水雷戦隊の旗艦としては旗艦出力が不足しており、砲撃戦のために前線に出しても舷側70mm、甲板は43mmと他国の条約型巡洋艦と比較して問題があるとして、専ら後方の警備艦隊や哨戒艦隊の旗艦として用いられた。

マクシム・ゴーリキー級巡洋艦

  • チャパエフ級巡洋艦
同型艦
10隻 チャパエフ チュカロフ
ブルシーロフ コムソモーレツ
フルンゼ ジェレズニャコフ
アウローラ クイビシェフ
コルチャーク サーブリン
性能諸元
基準排水量 16,430t
全長 210.5m
全幅 22.0m
最大速度 32.5kt
武装 15.2cm 3連装砲 4基
56口径12.7cm連装高角砲 6基
37mm連装機関砲 16基
533mm 5連装魚雷発射管 4基


  • スヴェルドロフ級巡洋艦
同型艦
22隻 スヴェルドロフ ジェルジンスキー
オルジョニキーゼ ジュダノフ
アレクサンドル・ネフスキー アドミラル・ナヒーモフ
アドミラル・ウシャコフ アドミラル・スピリードフ
アレクサドル・スヴォーロフ アドミラル・セニャーヴィン
モロトフスク ミハイル・クトゥーゾフ
ドミトリー・ポジャールスキー ムルマンスク
タリン ヴァリャーク
シチェルバコフ アドミラル・コルニーロフ
アルハンゲリスク ウラジオストク
クジマ・ミーニン ドミトリー・ドンスコイ
性能諸元
基準排水量 16,430t
全長 210.5m
全幅 22.0m
最大速度 32.5kt
武装 15.2cm 3連装砲 4基
56口径12.7cm連装高角砲 8基
37mm連装機関砲 16基
610mm 3連装魚雷発射管 4基



駆逐艦

  • レニングラード級駆逐艦
同型艦
6隻 レニングラード ハリコフ
ミンスク モスクワ
トリビシ バクー
性能諸元
標準排水量 2,250t
全長 128.5m
全幅 12.7m
最大速度 40.3kt
武装 130mm連装砲 3基
76.2mm連装機関砲 2基
45mm連装機関砲 2基
533mm 4連装魚雷発射管 4基
機雷投射機 4基
爆雷投下軌条 2基

ソ連海軍の革新的な駆逐艦で、扶桑海軍における吹雪型駆逐艦に相当する艦隊型駆逐艦。水雷戦に求められる性能を可能な限り高めた高性能駆逐艦であり、特に速力に優れているのが特徴である。
外洋に出れるだけの航続距離のほかに優れた快速と機動性があり、最大速力は40ktを誇った上に機敏な船体運動が可能である。従来のフィドニシ級駆逐艦およびイジャスラーフ級駆逐艦などに比べると、かなり大型・高速・重武装である。運用時には在来型駆逐艦との連携は想定されておらず、俊足を生かして偵察部隊や遊撃部隊に配属されることが想定されている。
兵装は、130mm砲を主砲とするほかに533mm酸素魚雷を4基16門搭載し、扶桑の610mm酸素魚雷には幾分か劣るが、それでも長距離からの雷撃を可能としているうえ、目標に対しての誘導性を持つため610mm酸素魚雷よりも値段が嵩むもそこは工業大国のソ連、この高性能魚雷を予算を憚らず潤沢に配備している。
本級は快速性や機動性を活かした雷撃戦を仕掛け、レーダー射撃を介しての130mm砲撃による正確な砲撃で敵艦隊を一気に撃滅することが期待されている。反面、対空機銃は4基だけとなっており、対空防御はあまり期待できない。

  • グネフヌイ級駆逐艦
同型艦
36隻 グネフヌイ ポラジャーユシチイ
グローズヌイ グロームキイ
グレミャーシチィ ストレミーテリヌイ
ソクルシーテリヌイ グネーヴヌイ
グロジャーシチイ ゴールドィイ
ステレグーシチイ スメトリーヴイ
ボールドルイ ブィーストルイ
ボーイキイ ベスポシチャードヌイ
ベズプレーチュヌイ ブジーテリヌイ
レーズヴイ レシーテリヌイ
ラストロープヌイ ラズャーシチイ
リヤーヌイ レースキイ
レチーヴイ ポスペーシュヌイ
レーヴノスヌイ ラズヤリョーンヌイ
レコールドヌイ レームキイ
ラズームヌイ ブールヌイ
ボエヴォーイ ローフキイ
リョョーフキイ プロンジーテリヌイ
性能諸元
標準排水量 2,280t
全長 127.5m
全幅 11.4m
最大速度 39.3kt
武装 130mm連装砲 3基
76.2mm連装機関砲 2基
45mm連装機関砲 2基
533mm 3連装魚雷発射管 2基
機雷投射機 6基
爆雷投下軌条 2基

大祖国戦争から朝鮮戦争までの間ソ連海軍の艦隊防空を支えたワークホース的存在である。
小型の軽巡洋艦と見間違えるほどの船体を誇るが、これはソ連海軍が単に船の小型化に成功しなかったために船体の大きさに物を言わせて共産共産共産共産……アッハイ、他国の軍艦をあっとうするために船体の大型化は必須であり、なにももんだいありません。ごあんしんです。
攻撃性能においては、長口径で連射性が高く射程が長い127mm連装砲を4基装備している。また、40mm対空機銃を6門と20mm機銃を6基搭載する。レニングラード級を吹雪型に喩えたが、本級はさしずめフレッチャー級か秋月型といったところである。
これらの対空弾幕は濃密なものであり、射撃管制レーダーの統制射撃によって驚異的な対空網を形成し、艦隊防空の要として期待されている。また、魚雷は4連装から3連装に変更されており、水上戦闘重視なレニングラード級駆逐艦とは真逆の設計思想とも言える。 だがその一方で水雷戦に特化したレニングラード級と違って対空・対潜・対艦全てをそつなくこなせる優等生的な性質を持っており、また戦後の兵装進化に対応できた拡張性の高さも持ちあわせるなど、汎用駆逐艦としては非常に優秀な艦である。また、航行性能において、駆逐艦らしく快速性が重視されており、空母機動部隊戦にもそれを発揮した。
一応は命中精度と速射性を活かして、接近してきた敵駆逐艦に対して速射砲を雨あられと降り注ぐことが出来るため、一概に水上戦闘に不向きとは言えない。

  • ストロジヴォイ級駆逐艦
26隻 ストロジヴォイ セルジートィイ
リホーイ ストーイキイ
シーリヌイ スムィショリョーヌイ
ポレーズヌイ スラーヴヌイ
スメールイ スローヴイ
ソブラジーテリヌイ レトゥーチイ
プロゾルリーヴイ ストラーシュヌイ
スポソーブヌイ ポドヴィージュヌイ
スヴィレープイ スタートヌイ
スコールヌイ ソヴェルシェンヌイ
ベスストラーシュヌイ スヴォボードヌイ
ベスシュームヌイ ストローギイ
ストローイヌイ ヴェ-ルヌイ
性能諸元
標準排水量 3,280t
全長 133.5m
全幅 11.6m
最大速度 39.6kt
武装 130mm連装砲 4基
76.2mm連装機関砲 2基
45mm連装機関砲 2基
533mm 3連装魚雷発射管 2基
機雷投射機 6基
爆雷投下軌条 2基

グネフヌイ級の拡大発展型として建造された艦隊防空型駆逐艦。
主砲は従来型の50口径127mm連装砲ではなく本級独自の65口100mm連装高角砲を4基8門を装備。口径こそ従来の127mmより細いが長口径により初速・射程に優れ、毎分20発発射可能であり、レーダー射撃管制装置による統制照準により艦隊防空の要となることが期待された。
空母機動部隊の直衛を目的としているため、当初魚雷は搭載しない予定であったが、万が一の艦隊戦に備えて、という理由と対岸のヤンキーどもと同じく水雷屋が騒ぐということで、4連装魚雷を2基搭載している。

  • タシュケント級駆逐艦
同型艦
12隻 タシュケント ウラジオストク
ヴォストーク ムルマンスク
カリーニングラード ノヴォロシースク
ロストフ・ナ・ドヌ スモレンスク
ナホトカ ペトロパブロフスク・カムチャツキー
マガダン リバウ
性能諸元
標準排水量 3,420t
全長 135.5m
全幅 12.3m
最大速度 42.5kt
武装 130mm連装砲 3基
37mm連装高角砲 6基
12.7mm連装機関砲 6基
533mm 4連装魚雷発射管 4基
機雷投射機 6基
爆雷投下軌条 2基

第一次五カ年計画にて、ソ連の主力水雷駆逐艦として建造された大型駆逐艦。レニングラード級の設計がフィードバックされており、迅速な機動力と強力な雷装を誇り、16発が同時発射可能。これは、駆逐艦としては最大級の重雷装となっている。
主機にベルカの高温高圧罐・ワーグナーボイラーを参考に、さらに小型化・高出力化したものを採用し、最大速力42ktを目標とした。主砲は、扶桑の吹雪型駆逐艦の主砲塔を参考にして開発した二連装130mm砲「B-2LM」を採用、従来の主砲塔より軽量化が図られた。

  • キエフ級駆逐艦
10隻 アルマータ アシュハバート
エレヴァン キエフ
ペトロザヴォツク スターリナバート
オチャーコフ ペレコープ
クラスノヤルスク ドニプロペトロフスク
性能諸元
標準排水量 3,420t
全長 135.5m
全幅 12.3m
最大速度 42.5kt
武装 130mm連装砲 3基
37mm連装高角砲 6基
12.7mm連装機関砲 6基
533mm 4連装魚雷発射管 4基
機雷投射機 6基
爆雷投下軌条 2基

タシュケント級をより洗練した水雷駆逐艦。
駆逐艦と銘打っているが実態は重雷装巡洋艦であり、片舷15門の630㎜長魚雷による一斉射はベルカ海軍から海上の死神と恐れられた。

  • オグネヴォイ級駆逐艦
同型艦
26隻 オウネヴォイ ヴラースヌイ
ヴヌシーテリヌイ ヴイノースリヴイ
オブラスツォーヴイ オダリョーンヌイ
ポスペーシュヌイ プロヴォールヌイ
ペレドヴォイ プィルートキイ
プィールキイ プローチュヌイ
オトヴェルズヘドヨニィ オスモトリテルニィ
オティチニィ オベラズツォヴィ
オダリョニィ スタリン
ヴヌスヒテリニィ ヴラステニィ
オゾルノイ オスモトリーテリヌイ
オトヴァージュヌイ オトリーテリヌイ
ヴユノスリヴィ オホートニク

  • ウダロイ級駆逐艦
ウダロイ ベドーヴイ
プリゾルリーヴイ ネウロヴィームイ
ネウデルジームイ ネウクロチームイ
スポコーイヌイ ブラーヴイ

駆逐艦としては極めて高い速力を備えおり、砲力においては既存の駆逐艦の大半を凌駕する。

  • ハバロフスク級駆逐艦

フリゲート

  • ウラル型護衛駆逐艦
性能諸元
標準排水量 2,970t
全長 132.0m
全幅 12.3m
最大速度 32.5kt
武装 100mm連装砲 2基
37mm連装高角砲 4基
12.7mm連装機関砲 12基
533mm 4連装魚雷発射管 3基
機雷投射機 2基
爆雷投下軌条 2基

長距離哨戒を主目的として計画された、教導用にも使用可能な大型駆逐艦。軽巡洋艦のはしりともいえる。
その任務は輸送船団の護衛とそれらを護衛する護衛専用艦艇の旗艦であり、その性格上巡洋艦としてではなく大型の駆逐艦として建造された。
大艦隊計画の別枠である護衛艦隊の中核戦力として計画されていたが、第二次世界大戦が勃発したため、当初の建造数よりも大幅に拡大した後に大量建造され欧州戦線に赴いた。
駆逐艦としては大型の艦橋を持ち、背負い式の穂等を前後に搭載することから、軽巡洋艦と見間違う立派な艦様をしていた。

  • コラ型護衛駆逐艦
性能諸元
標準排水量 1,339t
全長 96.6m
全幅 9.0m
最大速度 32.5kt
武装 130mm連装砲 3基
37mm連装高角砲 6基
25mm連装機関砲 6基
533mm 4連装魚雷発射管 4基
機雷投射機 6基
爆雷投下軌条 2基

第二次世界大戦の勃発と共に量産性能を特に重視して計画された護衛駆逐艦。
その性能は汎用であるが、その圧倒的な数でUボートから輸送船団を守り抜いた。
最大の特徴は、大量生産を可能とするための簡易構造とその平凡な兵装にある。第二次世界大戦後は、大量に発生した過剰艦艇が東側諸国に給与され標準的なフリゲートとして親しまれた。また、残りの6割は朝鮮戦争でも護衛艦隊で使用され、一部は艦隊ミサイルを搭載し戦力不足を補った。

  • ''リガ型護衛駆逐艦 前期生産型''
性能諸元
標準排水量 1,390t
全長 105.0m
全幅 9.4m
最大速度 32.5kt
武装 100mm単装砲 3基
37mm連装高角砲 4基
25mm連装機関砲 4基
533mm 4連装魚雷発射管 4基
機雷投射機 2基
爆雷投下軌条 2基

冷戦に突入し、旧式化の目立つ護衛駆逐艦の代艦として建造された、次世代型の護衛駆逐艦。
中程度の対空防御と最低限の対艦攻撃力、優れた対潜能力を量産しやすい中程度の能力を持った船体に詰め込んだ設計となっており、10年以上に渡り300隻ほど建造されたワークホース的な存在。
時代に対応すべく、装備を増設し船体を大型化した結果、1950年代に建造された第3機生産型は排水量が2,000t近くに達している。

  • ''リガ型護衛駆逐艦 後期生産型''
性能諸元
標準排水量 1,830t
全長 117.0m
全幅 11.8m
最大速度 32.5kt
武装 100mm単装砲 3基
37mm連装高角砲 4基
25mm連装機関砲 4基
533mm 4連装魚雷発射管 4基
機雷投射機 2基
爆雷投下軌条 2基

朝鮮戦争前後に大量生産されたリガ型護衛駆逐艦の第三期シリーズに当たる護衛駆逐艦。
その外見は、母体となったリガ型から比較するとまるで別物とすら見れるほどの変容を遂げており、1-年鑑の技術進歩と戦術の変化を知る上では非常に興味深い存在とも言える。
また、総意の多様化などにより非常に大型に成り、その排水量は十年の艦隊型駆逐艦に迫るほどになっている。

  • ぺチャ型護衛駆逐艦
性能諸元
標準排水量 3,420t
全長 135.5m
全幅 12.3m
最大速度 42.5kt
武装 100mm単装砲 2基
37mm単装高角砲 7基
25mm連装機関砲 4基
533mm 4連装魚雷発射管 4基
機雷投射機 2基
爆雷投下軌条 2基

朝鮮戦争前後に大量生産されたリガ型護衛駆逐艦の最終シリーズともいえる護衛駆逐間であるとともに、新世代の護衛駆逐艦とも呼びうる存在。
船体や艤装の大半はリガ型の第三期シリーズとほぼ同じものを使用しているが、最新のアクティブ・ソナー、3Dレーダー、その他新型の索敵、創作、妨害装置の搭載し、機関もガスタービンとディーゼル機関が併用されている。船体下部の形状の変更、艦橋の大型化、マストの大型化など、現代的な姿を洋上に見せることとなる。
そして、ジェット機や原子力潜水艦すら衰微可能な装備は艦隊護衛の中核として、また新世代のワークホースとしての地位を確立し、戦後も各国に給与されるなどして長らく使用された。
半世紀以上建った現在においても、現役の艦が存在しているほどである。