※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



  • この文章は破棄された。
  • 触って遊べるレゴブロックみたいなゲームを提供したい。


MOD概要

ダンジョンズ&ドラゴンズの常設を目指して

  • NWNMMOは「D&Dマスターズガイド」に準拠した純正D&Dとして設計され、3ヶ月に1回完全なリセットを行う前提で制作された常設用MODだ。 プレイヤーはラウドウォーターの冒険者となってダンジョンに潜り、モンスターを蹴散らして宝を手に入れる。 そして自分の所属する組織や陣営を応援し、他のプレイヤーとは共闘したり競争したり、時々殺し合ったりする。 世界では時々大規模な戦争が起こったり、太古のアーティファクトが蘇ったり、最新鋭のゴーレムが完成したりする。

    この常設MODはどこまでもD&Dで、他のどの常設MODよりPCはスターだ。 世界はPCを中心に回るか、もっと熱心なPCは自分でルールを改変する。

常設MOD+サイクリング

  • このMODは3ヶ月に1度全てリセットする前提でシステムが組まれている。 世界はその間に劇的に変化する。店の品揃えや街の防備もどんどん豪勢になる。 もちろん悪もだ。 しかしこの変化はやがて停滞する。 20LVの冒険者が揃い、全ての遺跡がほじくり返され、ある一つの組織が成長しきってしまうと世界はそれ以上のゲームを提供しなくなる。 このためMODは中のプレイヤー数や、彼らの熱中度に応じて大体2~4ヶ月に一回全てリセットしなければならない。

  • DMはリセット前に"十分参加した"プレイヤーの中から、レベルの低い順にd20人を選んでLV5のキャラクターと10,000Goldを与えることを選んでもよい。 d20を振るのはプレイヤーに細かいレベル調整をさせないためだ。

大まかな三期

  • MODは開始してから以下の3つの段階を経る。

    • 第一期(生存戦争):この時期最も強力なのはオークやゴブリン等の人型生物の略抱く者である。 彼らの攻勢のせいで都市の幾つかの機能や交通網が使用できないし、悪の組織はオークに備えて門戸を閉ざしている。 秩序を求めるPCは協力してその危険を排除する。 この混乱に乗じてマラー信者は大いに狩りを楽しむ。

    • 第二期(冒険と探索):人型生物の本拠地が陥落すると幾つかのギルド(シーフギルドも!)その活動を再開し、時間と共に成長を始める。 PCは特定の陣営を支援したり所属することで世界の情勢に影響をあたえ、この時期"発見される"秘密の遺跡や、ドラゴンの巣で秘宝を手に入れる。

    • 第三期:(決戦)育った陣営は敵対組織に対して侵略を始める。 NPCの皆殺しに掛かるか、特定地域を猛烈に支配して通行不能にするか、政治的な乗っ取りを行いによってMODのルール自体が大きく変わる。 PCは第二期に手に入れたアイテムや地位を最大限利用することで、世界に多大な影響力を与える。




各種組織

組織の共通の注意事項

  • アイテムの解説欄に「○○組織アイテム」と記載されている装備は他のPCに決して渡してはいけない。 もし各組織利用時に、別の組織装備を持っている愚か者は死を含めた厳しい罰を受けるだろう。 言い換えるなら組織アイテムと記載されていない品は幾らでも交換が可能で、そういったアイテムは特に善の組織に多く存在する。

善の組織

  • 善の組織は多くの資産を共有する。 善は中立のキャラクターに対しても利益を与える。しかし悪の組織とは取引をしない。 善の組織は募金によって成長する。


栄光の刃、ブレイド・オブ・グローリアス

  • 栄光の剣、または単に刃と呼ばれるこの騎士団はラウドウォーターの防衛部隊である。彼らはゼンタリムの悪行に眉をしかめながらも、今のところもっと残忍な人型種族の略奪から街を守っている。

  • 彼らのリーダーであるアーヴィーネ=グレイキャッスル(中立にして善、女性の人間、バーバリアン4、ファイター12)は少し言葉が不器用だが、誠実で義理堅い人柄から騎士団の皆に愛されている。 ラウドウォーターで最も強い戦士の一人である彼女は、街がブラックネットワークに依存しきっている現状を快く思っていない。 また最近になって、アーディープは犬猿の仲だったウォーターハイドの"豆チビ・ウィリマック"と一時的ではあるが和解に至った。 彼の盗賊ギルドが、今度の邪悪な人型生物の大攻勢に対して優秀な諜報部隊を提供したからだ。

  • 所属方法:レベル6以上で専用クエストを終えた悪でないPCなら誰でも参加できる。 刃は外部の者を歓迎しないが、PCが優れた人材であることを示せば彼らは暖かく迎えるだろう。

  • メリット一覧
    • リング・オブ・ブレイドを手に入れる。これはグッド専用のリングオブフォーティーテュード+3で売買はできない。無くした場合ゲーム内一年(現実の12日)に1度再取得できる。
  • 経験点を100XP×(寄付時LV÷4)Goldと交換できる(端数切り上げ)。経験点はラウドウォーターの発展に使用される。
    • 街の発展に応じて善の勢力からアイテムを購入できるようになる。
    • ヘルム寺院との協定により、死亡時に支払うGoldが半額になる。
    • ヘルム信者から強化を施して貰う時の価格が半額になる。
    • 無料で治療を受けられるようになる。
    • 栄光の刃だけが購入できる特別な善の武器が存在する。
    • 栄光の刃に所属するPCは、衛兵に"交代の時間"を伝える事で、彼らをリスポーンさせる事ができる。 リスポーンした衛兵は最新の装備とレベルを持ち、HPも全回復している。

  • 規則:騎士団に所属している状態で悪の行為を行った場合は直ちに悪-100と追放処分、PCレベル×500の経験点を失う。
    • 悪属性のキャラクターは組織の恩恵を受けられない。


  • クエスト:アーヴィーネに言わせるとゼントはウォーターハイド周辺の農村で、"道ばたに小便をするように"気軽に略奪を行っているらしい。 ブラック・ネットワークが富をもたらすからと言って、蛮行を許す理由にはならない。 村人から証拠を収集し、該当するキャラバンを"ずた袋に入れて川に流して欲しい"と彼女は言っている。

  • クエスト:騎士団に十分貢献したPCと仲間には、アーヴィーネが騎士団拠点から通じている地下遺跡に入る権利を与える。



水の守護者、ウォーター・ガード

  • ラウドウォーターの城壁の守り手が栄光の剣ならば、生活の守り手はウォーターガード騎士団だ。 主にイルメイターのパラディンからなるウォーターガードは周辺の農村を細やかに守護する。 彼らは怯える人々の不安を和らげたり、傷ついた者の治療にも余念がない。 ウォーターガードには他のトライアド――イルメイターの主であるティアと、仲間であるトームのパラディンやクレリック、ファイターが参加している。

  • 指導者であるゴースタッグ・バックマン(秩序にして善、人間の男性、イルメイターのパラディン14)は慎み深く賢い、彼は優れた防衛計画によって都市を守ってきた。 彼は兵を消耗しない防衛を好む、たとえば城壁の強化、下水道にある幾つかの自動施錠装置がそうだ。 水の守護者はイルメイターの信者らしく子供や若い人々を愛し、守り、元気づける事に多大な注意を払っているが、それらが傷つけられた時の彼の怒りは見るにたえない。

  • 所属方法:レベル6以上で専用クエストを終えた混沌や悪でなく、ファイター・クレリック・パラディンのクラスを1以上持ち、なおかつバーバリアンのクラスを持たないPCなら誰でも参加できる。 守護者は礼節や規律を尊重する者を歓迎する。

  • メリット一覧
    • アミュレット・オブ・ウォーターを手に入れる。これはグッド専用のアミュレットオブウィル+3で売買はできない。無くした場合ゲーム内一年(現実の12日)に1度再取得できる。
  • 経験点を100XP×(寄付時LV÷4)Goldと交換できる(端数切り上げ)。経験点はラウドウォーターの発展に使用される。
    • 街の発展に応じて善の勢力からアイテムを購入できる。
    • 寺院は自らの信者を無償で治療する。
    • 信者から強化を施して貰う時の価格が無料になる。
    • 無料で治療受けられる。
    • 寺院は自らの信者にクレリック系ポーションを安く提供する。
    • 寺院は自らの信者に治療道具を大変安く提供する。

      -規則:寺院に所属している状態で悪の行為を行った場合は直ちに悪-100と追放処分、PCレベル×1000の経験点を失う。

    • 幾つかの、いかがわしい商品を扱う店を使えなくなる。
    • 幾つかの、いかがわしい通路を血を流さなければ通れなくなる。
  • 規則:騎士団に所属している状態で悪の行為を行った場合は直ちに悪-100、PCレベル×1000の経験点を失う。

    • 悪属性のキャラクターは組織の恩恵を受けられない。
  • 脱退:PCレベル×500の経験点を失う。



中立の組織

  • 中立の組織はそれぞれの目的に応じて動く。 メイジギルドは善の組織と協定を結びつつも、悪の属性を持つ犯罪者でないウィザードには呪文を提供する。 中立の組織は商売か、善の組織のついでに成長する。


インナーポケット

  • ラウドウォータースラム街に拠点を構える盗賊ギルドは、邸宅でくつろぐ貴族の内ポケットにさえ盗みの対象だと言って憚らない。 彼らにとって盗みは芸術である。

  • この些かロマンティック過ぎる盗賊団を仕切っているのは狡猾で、今まで一度も尻尾を出さなかった怪盗ウィリマック・ダードラゴン(混沌にして善、男性のハーフリング、ローグ9、レンジャー4、ファイター1)だ。 彼は腐敗した貴族や、ロークに居るゼンタリムから盗み、貧しい人々に配る事を推奨している。 一時期ウィリマックが"やりすぎた"ために、怒ったゼンタリムがラウドウォーターへの経済的報復を行う寸前まで自体が悪化したことがあった。 それ以来、アーヴィーネは"あの糞豆チビを頭から川に沈めてやりたい"と言い、実際そのつもりで活動していた。 しかし最近になって、ウィリマックが彼女を助けた事により、先日アーヴィーネは"足からで許してやる"と言い直した。

  • 所属方法:レベル6以上で窃盗犯罪を含む専用クエストを終えた、信仰呪文レベルを持たず、善ではあるが秩序でないPCなら誰でも参加できる。

  • メリット
    • ブーツ・オブ・インナーポケットを手に入れる。これはグッド専用のブーツ・オブ・リフレックス+3で売買はできない。無くした場合ゲーム内一年(現実の12日)に1度再取得できる。
  • 経験点を寄付する事によって、消滅した経験点×(寄付時LV÷4)Goldを手に入れられる(端数切り上げ)。経験点はラウドウォーターの発展に使用される。
    • この盗賊ギルドは名画、彫刻品、ゼンタリム隊商の荷物を二倍の価格で、通常の盗品を当たり前の価格で引き取ってくれる。
  • 農民や市民の財産(雑貨小)を配ることで善+1~3される。
    • 彼らの"ちょっとした知り合い"から、幾つかのワンドとポーション、罠をかなり安い値段で、特殊な投擲武器と罠を通常の価格で購入できる。 店は街が発展すると品数が増える。

  • デメリット
    • インナーポケットを除く全ての善の商店を利用できなくなる。
    • インナーポケットでの盗品売買は全て記録される。 間抜けなギルド員が逮捕された場合、それは提出され、売り捌いた金の多くを徴収される。

  • 規則
    • 賄賂と殺人に関する悪を犯した場合、直ちに悪-100とPCレベル×1000の経験点を失う。
    • 悪属性のキャラクターは組織を利用できない。
    • 窃盗を自首した場合、直ちにPCレベル×1000の経験点を失う。

  • 脱退:PCレベル×1000の経験点を失う。


神秘の衣 ミスティック・クロース

  • ラウドウォーターのメイジギルドである"神秘の織物"は周辺地域での魔法売買に全ての責任を持つ。 彼らは街に敵が来襲した時はしぶしぶ防衛に出向くが、そうでない場合は十分な金銭的見返りが期待できる時だけ働く。
  • 所属方法:レベル6以上で専用クエストを終えた、1つ以上の秘術呪文レベルを持つPCなら誰でも参加できる。

  • メリット
    • 経験点を寄付する事によって、消滅した経験点×(寄付時LV÷4)Goldを手に入れられる(端数切り上げ)。経験点はラウドウォーターの発展に使用される。
    • ギルド員にだけ解放される商店で市販の秘術呪文ポーション・ワンド・レベル1~3の魔法を安価に購入できる。
    • レベル3以上の秘術呪文ワンド、レベル4~9秘術呪文スクロール、上位の秘術魔法ポーションを購入できる。
  • 規則
    • 1つでも信仰呪文クラスとマルチした場合、組織を利用できなくなる。
    • 特殊禁固刑を受けた場合、追加でPCレベル×1000GPを失う。
    • 犯罪者のPCは組織を利用できない。

  • 脱退:PCレベル×1000XPを失う。


悪の組織

  • 悪の組織は自らに所属する者しか支援しない。 悪は自らが成長するために手段を選ばないため非常に早い速度で成長する。 そして同じくらいの速度で敵を作る。


ゼンタリム

  • ブラックネットワークとも呼ばれているゼンタリムは、月海から北部ソード・コーストまでの闇の地域を支配しようと企む、悪の組織である。元々は秘密社会だったが、長年にわたってゼントは月海地域で公然と活動している。ゼンタリムは、他のキャラバンや待ちを攻撃するために山賊を雇用したり、ウィザードを集めたり、モンスターを怒らせたりしている。

  • 所属方法:100Goldを支払えば、善でない限りどのキャラクターでも簡単に所属可能だ。 悪の道は容易く、されども強靱ならざる者は淘汰される運命にある。

  • メリット一覧--ゼントの商店を利用できる。 彼らは残酷な効果を持つ武器や、幾つかの陰湿な罠を一般的な価格で提供してくれる。
    • 誘拐したゼントに関わりないNPCを奴隷として500GP・100XP~で買い取る。 取引所から遠いほど奴隷の価格は高くなる。 奴隷はゼントの成長に使われる。
    • 誘拐したゼントに関わりないNPCをベインに捧げると1000GP~の金銭と複数の強化魔法に加え、ランダムな魔法のアイテムから一つが与えられる。 生け贄の祭壇から遠く、強力なNPCであるほどベインは信者に良い報酬を与える。 生け贄はゼントの成長に使われる。
    • ゼントに関わりない心臓や首を100GP・20xp~買い取ってくれる。 心臓や首はゼントの成長に使われる。
    • 盗品を通常の価格で買い取ってくれる。 盗品はゼントの成長に使われる。

    • いくつかのゼント専用の通路を使うための鍵(使い捨て)を購入できるようになる。
  • ペナルティ一覧
    • 蘇生場所がベイン寺院のみになる。
    • 全ての善の店が利用できなくなる。
    • 善の寺院による強化を受けられなくなる。

  • 規則:善の行為を行ったPCは直ちにPCレベル×100の経験点を失う。
    • 善属性のキャラクターは組織を利用できない。

  • 脱退:PCレベル×2000の経験点を失う。



ブラッドハンター・オブ・マラー

  • マラーの血狩人は"獣の王"のお気に入りである残忍で孤独な狩人達は、自らの縄張りに進入した文明人を狩りたてる人型の肉食獣だ。

  • 所属方法:マラー信者以外の5人を狩り、その心臓をこの地方の神に捧げることによって、ブラッドハンター・オブ・マラーは誕生する。 しかし、マラーは文字と詩に汚された者を嫌う。 秘術呪文を使用するクラスレベルを1つでも持つキャラクターはブラッドハンター・オブ・マラーに所属できない。

  • メリット
    • 死体から手に入る臓腑を捧げることによって、その市民と同CRの遭遇を乗り越えただけの金銭を得る。貢ぎ物によって組織は成長する。
    • PCが落とす首を捧げれば対象のLVの二条×20点の経験点も得る。貢ぎ物によって組織は成長する。
    • 買い物毎に1つ臓腑を支払うことによって、マラーのクレリック、ドルイドが作るポーションを格安で手に入れることができる。
    • 組織の成長によって自然毒を付与した武器、再生能力を持つ指輪などを購入できる。

  • デメリット
    • 蘇生場所がマラー寺院のみになる。
    • 全ての善の店が利用できなくなる。
    • 寺院の強化を受けられなくなる。
    • 1つでも秘術呪文クラスとマルチした場合、組織を利用できなくなる。
    • 無実のブラッドハンター・オブ・マラーを殺しても犯罪にならない。

  • 規則:冒険者を除く未成年と妊婦を殺した場合PCレベル×1000の経験点を失う。
  • 脱退:不可能。

陣営の成長・弱体化

共通の要素 組織力
現実の1日につき +600
戦闘員を殺害される -5
労働者や市民を誘拐・殺害される -20
部隊長や管理者を殺害される -50
有力者を殺害される -100

ラウドウォーター同盟

  • ラウドウォーター都市・栄光の刃・水の守護者・インナーポケット・イルメイター寺院・トルム信者・ヘルム信者・チョーンティーア信者・etc

ラウドウォーター同盟 組織力
初期値 10000
現実の1日につき +600
GPと交換したXP100につき +10
特殊禁固刑XP1000につき +20

ゼンタリム

  • ゼンタリムの要塞・ロークの街・ベイン寺院・ゼントの商人
  • ゼンタリムは組織力が64000を越えるとラウドウォーターに対する徹底的な攻撃を行う。
ゼンタリム 組織力
初期値 10000
現実の1日につき +600
心臓・臓腑一つにつき +10
PCの首一つにつき +PCLV×5
奴隷一人につき +20
生け贄一人につき +30

神秘の衣・ミスティッククロース

要素 組織力
初期値 10000
現実の1日につき +600
下級素材一つにつき +10
中級素材一つにつき +20
上級素材一つにつき +30
心臓・臓腑一つにつき +20
PCの首一つにつき +PCLV×10

高森

  • シルヴァナス寺院・善のエルフ・*1 マラー寺院
  • *1 マラー寺院は前者二つと明確に敵対しているが、森の発展による利益は共有している。
要素 組織力
初期値 10000
現実の1日につき +600
(マラーのみ)心臓・臓腑一つにつき +50
(マラーのみ)PCの首一つにつき +PCLV×20

オーク

  • オークは組織力が2万を切るまで、PCが3人以上居る時期を狙ってラウドウォーターに攻撃を仕掛ける。
要素 組織力
初期値 20000
現実の1日につき +100



成長速度とレベリング

経験点とアイテムの入手速度

  • 経験点はNWNデフォルトの値を与える。
  • 以下が互角の敵と4人で一戦交えた場合習得する報酬の目安表。

レベル 報酬 レベル 報酬 レベル 報酬 レベル 報酬
1 300 6 2000 11 7500 16 28000
2 600 7 2600 12 9800 17 36000
3 900 8 3400 13 13000 18 47000
4 1200 9 4500 14 17000 19 61000
5 1600 10 5800 15 22000 20 80000


死亡ペナルティ

  • デスペナルティ
    • 死亡した場合レベル×50の経験値と所持金の10%を失う。
    • PCに殺された場合、装備品1つと、プロットアイテムを除く多くの所持品をその場に落とす。(最悪せっかく手に入れたクエストアイテムを取られる事もあるので注意、危険な時は必ず帰還の石を使うこと)


各種移動手段

数種類の帰還の石&リコールポータル

  • 帰還の石:屋外で使用すると、何時でもその石が指定する場所にテレポートするが屋内では使えない。

  • リコールポータル:最後にリコールストーンを使った場所に50GPで移動する。
  • 馬車:町から町へは無料で移動できる。 すこし外れた地域に移動する場合は50GP。


エンカウンター

大まかな法則

  • 帝都から離れるほど強力なクリーチャーがエンカウントする。 その他、街や街道の周辺地域は比較的弱い敵が出る。

  • 野党や野良クリーチャーが一時的に占拠しているダンジョンや、アンデッドクリーチャーが彷徨う遺跡などの人員補給が容易でない地形のエンカウンター復帰には現実時間の3時間を要する。 市街地やカルトの拠点など人員補給が容易な区域は15分でエンカウンターが復帰する。

  • その他、スクリプトによるランダムエンカウンターを採用している。


難易度と比率

  • エンカウンターはスクリプトで復活している。 一定時間が経過した後でそのMAPにPCが進入した時にエンカウンターが50%の確率で発動待ち状態になる。 おおよその難易度は以下の通り。
合計% 難易度 内容
10% 簡単 遭遇LVがパーティのレベルより低い
20% うまくやれば簡単 ※1
50% 歯ごたえがある 遭遇レベル=パーティのレベル
15% かなり困難 遭遇レベルがパーティより1~4高い
5% 手に余る 遭遇レベルがパーティより5以上高い

  • ※1:ストーンスキンを身にまとったウィザードとの戦闘、隠密状態のローグによる奇襲、オークの後ろに治療役のシャーマンが居るなど。これらはスペルブリーチ、探索状態、入り口で戦わず奥に突撃する、と言った戦法で打破できるが、失敗すると非常に苦むことになるだろう。


ダンジョン内での休憩エンカウント

  • 自然ダンジョン内で1人休憩する度に1%の確率で、パーティ平均レベル+4の知的クリーチャーがすぐ近くに1体出現する。 5人以上のパーティを組んでいる時は出現クリーチャーの数が2~3体になる。

  • 特定組織のダンジョン内で1人が休憩する度に10%の確率で、そのダンジョンの主であるクリーチャーがすぐ近くに1~3体出現する。


警備兵

  • 市内の巡回衛兵
    • 陣営の発展によってLV3~12と成長する。
    • 戦闘開始時に、自分と同レベルの衛兵を4人招集する。
    • 巡回衛兵は倒されてもランダムな詰め所から出現する。

  • 門番と街道守備兵
    • 彼らは巡回衛兵に比べて3LV高いファイターかモンクだ。
    • 戦闘開始から30秒後に自分と同レベルの衛兵を4人招集、この時10%の確率で15レベルのパラディンが出現する。
    • 門番と街道守備兵が倒された場合、遠い詰め所から出現する。

  • ゴーレムやエレメンタル


善悪と犯罪

  • このMODの主役は紛れもなくPCであり、世界を左右するのはPCだ。 君が平和で強者が弱者を守る暖かい世界を望むなら、善のPCとなって身勝手な悪と戦わなければならない。 君が自分の才能と力を自由に使える世界を望むなら悪のPCとなって口喧しい善と戦わなければいけない。


一覧グラフ

  • 犯罪中フラグが立っている最中にNPCに見つかった場合のみ、キャラクターは犯罪者となる。 犯罪者がガードに見つかると罰金を迫られるのでそれに応じれば無罪となるが、応じなければ賞金首になる。賞金首は速やかに殺害され監獄の中で蘇生される。


善行 アラインメント 報酬
窃盗物を返却する 善+3・秩序+3
窃盗物を貧民に配る 善+5・混沌-1

犯罪行為 アラインメント 発覚期間 衛兵 揉み消し用賄賂
所有物の解錠 悪-1・混沌-1 120秒 罰金→殺傷 50GP・50XP
所有物のすり 悪-1・混沌-1 120秒 罰金→殺傷 50GP・50XP
所有物の破壊 悪-1・混沌-1 120秒 罰金→殺傷 50GP・50XP
誘拐 悪-1・混沌-1 60秒 殺傷 100GP・100XP
殺人 悪-5 60秒 殺傷 500GP・500XP
殺人から死体漁り 混沌-5 60秒 殺傷 500GP・500XP
特定区域での殺人 悪-5・混沌-5 即時発覚 殺傷 1000GP・1000XP
衛兵殺人 悪-5・混沌-5 即時発覚 殺傷 1000GP・1000XP
盗品の売買 悪-1・混沌-1 60秒 殺傷 売却金額の50%GP・20%XP
奴隷の売買 悪-5・混沌-3 60秒 殺傷 売却金額の50%GP・20%XP
暗黒の儀式 悪-5・秩序+3 60秒 殺傷 不可能

  • 悪人が窃盗を行い、それを別のPCが返却する方法で犯罪を免れることが可能である。 これには綿密な調査によって窃盗役のPCにスタッフ・オブ・ジャッジメントを使うことで対処できる。

PCによる犯罪の告発

  • スタッフ・オブ・ジャッジメント
    • ゲーム内1ヶ月(現実の1日)以内に犯罪を犯したがNPCに見つかっていないPCに使うことで、対象を犯罪者にする。 

      スタッフは一本5000Goldで相手が無罪の時は単に消えてしまうが、対象が犯罪者に変化した場合のみ5000Goldは払い戻される。 既に犯罪者の対象に使用しても金銭返還が無いことに注意して欲しい。 このスタッフは綿密な調査の元で使われるべき品であって安易に使えるものではない。
    • スタッフ・オブ・ジャッジメントが暴ける犯罪はゲーム内一ヶ月(現実の1日)前の物まで。
    • 犯罪の現場を暴き"善のPCが問題なく殺せるようにする"ための道具であるスタッフ・オブ・ジャッジメントの使用は悪人への宣戦布告となるため使用には十分注意すること。


スタッフ・オブ・コール

  • 市内でスタッフ・オブ・コールを使うと衛兵をゲーム内3時間(6分)3人同時に召喚できる。 衛兵のレベルと一度に召喚限界数は街の発展度に依存する。
  • プレイヤーは"悪の内通者"として衛兵を一カ所に集めることができる。 そうすることで6分の間町中で暴れやすくなるが、衛兵の招集は全国放送されるので、衛兵より危険なPCが戻ってくる危険性がある。 ゲーム内1日(現実の48分)に5回ワンドを使用したプレイヤーは容疑者になる。


ゼンタリムへの賄賂による犯罪の揉み消し

  • ロークにあるゼンタリムの拠点で賄賂を支払えば、彼らが全ての罪をもみ消してくれる。 ラウドウォーターはゼントの商人で潤っているし、今は"黒い商人達"を敵に回す時期ではないため、彼らの都市が弱い立場にある間は、この屈辱的な申し出を渋々受け入れる。

特殊禁固刑

  • この刑罰は囚人から1日掛けて多大な経験値を吸い取る刑罰で、吸い取った能力を街の発展に生かすと共に、囚人の弱体化による再犯の抑制、および刑期短縮による刑務所の回転速度上昇が期待できる。 この恐ろしい刑罰(なにせ自分の一部を失うのだ)を終えた囚人は望むなら職業訓練を受けられるがPCは他の用事があるので常にこの訓練を受けない。

    • 自首せずに殺害された場合:通常のデスペナルティを支払った後で特殊禁固刑に処される。 PCに殺害された場合はさらに罰金分のGPを失い、そのGPの半分を殺害したPCが受け取る。
    • 自首した場合:市内巡回衛兵、門番、街道警備兵は市民以外、冒険者の自首を認めない。 冒険者が自首するにはスラム街の汚らしい駐屯所までたどり着き、責任者にLVの二条×100GPの賄賂を払う必要がある。

    • 刑罰内容:犯罪者ゲーム内1日(48分)の拘束ペナルティとLV×1000XPのペナルティを受け、全ての盗品を没収される。 死体を何かに利用したPCは倍のXPペナルティを受ける。刑が終了次第犯罪者は街道のランダムな位置に放逐される。

    • 恩赦:善の組織に所属するPCは犯罪者のLV×500GPを支払うことで拘束ペナルティから囚人を解放できる。 また犯罪者のLV×1500GPを支払うことで経験値ペナルティからも解放することが出来る。

      善のPCはこの機能を投獄中の犯罪者に対する、情報提供の交渉材料として使用することが出来る。

    • 恩赦取引:善のPCは恩赦を与える代わりに、犯罪者からLV×3000GPを奪い、その半分を恩赦代金として使い、残りを着服することができる。この行為は悪-5のペナルティを受け、この方法はスクリプトによって確実に行われる。 恩赦を与えたプレイヤーは容疑者になる



殺人詳細

  • 町・村・街道以外で行われる殺人は犯罪にならない。


窃盗

  • 賄賂:1回につき50Gp、50XP
  • アラインメント変化:悪-1 混沌-1
  • 窃盗は現場を誰かに見られなければ犯罪者にならない。
  • 街の中にある鍵の掛かった入れ物を「開けた瞬間から60秒以内」に誰かに視認されると窃盗の犯罪者となる。鍵の掛かっていない入れ物の中は自由に漁っても構わない。


すり

  • 賄賂:1回につき50Gp、50XP
  • アラインメント変化:悪-1 混沌-1
    • PCは町民から道具をすり取ることが可能だ。すりは犯罪中フラグが立たないが、気づかれたら直ちに窃盗の犯罪者となる。


盗品売買

  • 賄賂:売却金額の半額、金額の10%のXP
    • 盗品売買の手段は3つある。1つはシーフギルドだ。スラム街にあるインナーポケットは君から一部の盗品を200%の価格で買い取るが帳簿を付ける。この帳簿は"まぬけなギルド員"が捕まった場合、衛兵に提出され、罰金に追加される。

      もうひとつはロークのゼンタリムへの横流しだ。 彼らは全ての盗品を100%の価格で買い取るが、やはり"愚かな構成員"のためにラウドウォーターへの侵攻計画を台無しにするよりは、帳簿を渡して事なきを得る。

      最後はドラウだ。彼らは全ての盗品を40%~80%の価格でしか買い取らないが、人間に迎合する気が無いため帳簿は付けない。 彼らは盗品を売りに来た人間が"欲張りすぎた"場合は、殺して全てを奪い取る方針に転換する。 


善属性

  • 善とは何か? 自分が善であることの証拠として、今まで犯したことのない罪の長いリストを、喜んでべらべら話すキャラクターがたくさんいることだろう。しかしながら悪を完全に避けたとしても、そのキャラクターが善になるわけではない。おそらくは確固とした中立であり、善ではないのだ。善になるためには、ある種の気質が要求される。単に悪を避けるためではなく、積極的に善を推進するようなキャラクターを駆り立てる、得が必要なのだ。「"善"とは思いやり、生命を尊ぶこと、知性ある存在の尊厳を重んじることを意味する。善のキャラクターは自分を犠牲にしても他人を助ける」のである。善とは、親切ではない。礼儀正しいことでもなければ丁寧を意味する物でもなく、上品でも独善でも純真でもない。しかしながら善の属性を持つキャラクターは、これらの特徴の一部を持つかも知れない。善とは、天上の諸次元界が放つものすごい聖なるエネルギーであり、悪を粉砕する。善は自己犠牲であり、構成であり、希望であり、慈悲深く、正義である。

    D&Dサプリメント「高貴なる行いの書~第一章~善の性質」より

    • 善は猛烈に悪を打ち倒す。激しい戦闘に鮮やかな急所攻撃、徹底的な正義の鉄槌を打ち込み敵を殺す。 しかし敵が武器を捨て降伏した時は慈悲を与える。 慈悲は捕虜として正当な扱い、毅然とした環境下での親切な改心への導き、贖罪の機会として与えられる。 クレリックによる改心の試みは物理的に強固な監視だけでなく、ディティクトイビル等の魔法によって慎重に計られるため、悪への転向に比べ何ヶ月、時には何年も掛かかるが、不用意に悪を世に放つことは無い。

  • 善属性の長所
    • 全ての寺院で無償のステータス治療を受けることが出来る。 この治療はグレーターレストレーションと同じ効果を持つ

    • 善の寺院の店を利用することが出来る。 この店は便利な治療ポーションや治療道具を提供してくれる上に善のローグが使うべきトラップと盗賊用具、さらにワンドを提供する。 また名声が高まると一般人もこの店を利用可能になるが名声を得た善属性のキャラは秘蔵の善属性装備を特別に販売してもらえるようになる。

    • 善属性用の強力な装備を身につけられる。 善属性専用装備の特徴は強化と保護である。 毒や病、即死などの残酷な能力を持つ武器は存在しない。 善は邪悪を粉砕し、陰謀を跳ね除けるが戦いが終わった後の傷で相手を苦しめたりしない、たとえそれが邪悪な敵だったとしてもだ。

    • 善の組織は一人一人の働きに答える。 君たちが100Goldの報酬が約束されたクエストを3人で受けた場合、善の教会は100×70%=70Goldを全員に配ってくれるだろう

    • 善は協力する。 ミスタラ・ヘルム・ティール・トルム・ハーパーなど、善の組織同士はゆるやか、または強い協力関係にあるため、善のキャラクターはこれら全ての場所で等しく支援を受けることができる。


  • 善属性の短所

    • プロテクション・フロム・グッドの影響を受ける。 邪悪なベインの信者などにより用いられるこの魔法は使用者を善の攻撃、善の精神魔法から守るため善属性の者が使う精神魔法の効果は中立の者ほど安定しない。

    • 対グッド用の武器の影響を受ける。 特にブレード・オブ・ブラックガードは善の者に1d6、秩序の者に1d6のダメージを与える強力な魔剣であり 彼らと対峙する善は覚悟を決める必要がある。

    • 幾つかの非合法な店を利用しにくくなる。 シーフギルドの残酷な罠や、強力だがいかがわしい魔法の道具、ベイン教会が提供する最も邪悪な品を手に入れる事は困難または全く不可能になるだろう。
    • 善の組織は人材を提供しない。 善の組織のNPCは常に街道や農村で悪のNPCと戦っているため、冒険者に人材を貸し出すような余裕はない。
    • 善のキャラクターが蘇生したり、帰還テレポートした時は全ての盗品を自動的に持ち主へと返却する。


悪属性

  • 悪属性の長所

    • 悪は容易い。効率的に物事を成し、短期間で莫大な富を生むことができる。良心を一切を持たない邪悪な者には以下の方法が提供される。すなわち恐喝・窃盗・強盗殺人・拉致・拉致した者を奴隷として販売・拉致した者を邪悪な神への貢ぎ物にする。 これらは全て一人で実行可能である。 悪は無能な仲間に煩わされる事は無いのだ。

  • 悪属性の短所

    • プロテクション・フロム・イビル及び対イビル武器の影響を受ける。 またパラディンの悪を穿つ一撃は真に危険な攻撃の一つとなる。

    • 幾つかの善の神殿や神聖なエルフが提供する店を利用できなくなる。 ヘルム寺院が提供する質の良い防具を手に入れるのは非常に困難になるし、エルフの装備を手に入れる為には非合法で高い店を利用するか、エルフを略奪するドラウに取り入らなければならない。

    • 悪は協力しない。同じ悪の組織同士で利害が対立する事は珍しくない。ベインの信者は、ロルス信者であるドラウとは友好的ではないし、オーク、ゴブリン、オーガは我等こそ支配者であると考えている。 ゼンダリムやサーイの内部では常に派閥抗争が行われている。 己の技術向上のために安請け合いする暗殺者火のナイフ団、残忍なライカンスロープの集団である黒血団、最も邪悪なアンデッドであるドラコリッチによる支配を広めるドラゴンカルトなどは他のどの勢力とも敵対的であるように思われる。

    • 悪は自分の神からしか蘇生や治療を受けることができない。
    • 悪の帰還テレポート時には全ての盗品が、利用料として没収される。盗品を売りさばきたいなら自分の足で港区の売却所へ向かわなければならない。