※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オリジナルのコマンドを創る


例えば『ls』は、デフォルトでは辞書式にファイルを表示する。
これを常にディレクトリや拡張子毎に表示させるようにしたい。
そんなときは

$ alias lx='ls -X'

と設定する。そうすると、以後『lx』と打ち込むだけでで『ls ーX』と認識してくれる。
今までの設定を確認するには

$ alias

ターミナル内で実行中のジョブを表示させる


$ jobs

データファイルあれこれ


2つのデータファイルの違いを調べる
$ diff hoge1.dat hoge2.dat

ファイルの中を見る
$ cat hoge.dat
$ lv hoge.dat
$ vi hoge.dat

上から5行だけ表示させる
$ head -n 5 hoge.dat

下から5行だけ表示させる
$ tail -n 5 hoge.dat

データファイル中の「hogehoge」という文字列を探す
$ grep hogehoge hoge.dat

プロセスIDを調べる

実行中のfirefoxのPIDが知りたいときは
$ ps aux | grep firefox

ジョブの優先度を決める


$ nice -n 10 ./a.out
ーnの後の数字が優先度で0(最優先)〜20(ないがしろ)まで