※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

設定

ホームディレクトリの ".emacs" の最後に以下を追加。

(require 'tex-site)
(setq TeX-default-mode 'japanese-latex-mode)
(setq japanese-TeX-command-default "pTeX")
(setq japanese-LaTeX-command-default "pLaTeX")
(setq japanese-LaTeX-default-style "jsarticle")
(setq TeX-file-extensions '("tex" "sty" "cls" "ltx" "texi" "texinfo" "dtx"))
(setq kinsoku-limit 10)
(setq TeX-output-view-style '(("^dvi$" "." "pxdvi %d")))


使い方

C-c C-e とすると、\begin{...}, \end{...}などの環境を挿入してくれる。
保存して、C-c C-c とすると、コンパイル。
コンパイルが成功したらもう一度 C-c C-c とすると、dvi-viewer (pxdvi) が立ち上がってできたdviファイルを閲覧できる。


ソースファイルを分割している場合は、それぞれのファイルの末尾に以下の4行を追加。
(分割していなければ必要ない。)
  • 親分 (他のソースファイルを読み込むTeXの本体)
%%% Local Variables:
%%% mode: japanese-latex
%%% TeX-master: t
%%% End:

  • 子分 (includeなどで読み込まれるファイルの場合)
%%% Local Variables:
%%% mode: japanese-latex
%%% TeX-master: "親分のファイル名(拡張子は除く)"
%%% End: