1章


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

LRTとは?

定義

明確な定義は存在しないが、
  • 従来の路面電車が高度化され、洗練された公共交通システム
  • 都市計画と結びつき、生活と一体化して便利さを兼ね備えることにより機能を発揮するよう、装置性をもって整備される都市交通システム
などいくつかあるが、後者の方が適していると思う。

捉え方

海外では「公共交通機関=社会のインフラ」。そもそも収益性を追求する事業ではないという基本認識があり、公共事業として整備されることが多い。
→この論文では、ある程度の収益を求めてみる(予定)

特徴

  • にぎわい創出や中心部へのアクセス性向上
  • 環境・景観への配慮
  • 定時性の確保
  • 運賃制度

具体的な方策

LRTの導入例

ドイツ

LRT先進国としてのドイツ

広島

日本最大の路面電車ネットワーク

富山

日本でのLRTの導入例
富山ライトレール。地鉄と呼ばれる所謂「路面電車」もあるが、LRTではない。
  • 「passuca」を持っていると乗換料金に大幅割引。
例:ライトレールからシェーダーバスを利用。
通常→400円 passuca→250円
  • 地域性が強い。企業の広告ばかりでなく、小中高の絵画作品なども車内等に掲示している。