異世界


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地球のある世界とは異なる世界。(ここでは地球のある世界を「地球」と称する)
惑星一つ、国一つ、生物一匹ということもあれば、無限の次元が存在する世界も存在する。
なんらかの形でそれが滅びると、その残滓は地球へと向かう。
これは、地球が「中間点」であるかららしい。
地球より上の世界の残滓は地球に落ち、地球より下の世界の残滓は地球に登ってくる。