調整01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

提案調整案 その01

20071101追記

メニューから外しました。

初めに

現状でこんな修正が欲しいと言われているものには修正例を書き込んであります。
この色の表は現在調整中です。
調整した表はこの色になります。
適用されているかどうかは本家の案内を確認して下さい。
また「決定」ではありませんので、再度変更の可能性があります。


改定案スキルリスト

念属性魔法

過激な程の上方修正:威力増加
極端に属性的に恵まれていなかった事を失念していました… orz

詳しくは属性表の[攻撃:念]を参照して下さい。

再確認して気付いたけど、不死に対しても炎に負けるとは…。

念属性魔法は

  • 防御属性Lvの低い敵に強い
    • 基準をMatk倍率1.6に
    • 例:無属性、念属性、不死属性以外へのダメージ倍率
      • 防御属性Lv1:160%
      • 防御属性Lv2:120%
      • 防御属性Lv3:80%
      • 防御属性Lv4:40%
  • 無属性に極端に弱い
  • 念属性に極端に強い
  • 不死属性に強い


と言う特徴で再度組み立ててみました。

ナパームビート

ナパームビート Ver0.5
属性 種別 発動方法 前提スキル Lv指定
アクティブ 対象指定 - ×
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
基本キャスト(ms) 500
基本ディレイ(ms) 1000 800 600 400 200
Matk倍率 1.4 1.6 1.8 2 2.2 2.4
ダメージ倍率 1
消費SP 9
効果範囲 3×3
備考
念属性初級魔法。
ナパームバルカンとの差別化のため範囲を通常の3×3へ。
ソウルストライクの前提であるLv2を基準と仮定、そこから更に威力上昇、ディレイ減少へ。
[ナパームバルカン]のMatk倍率に影響する


ソウルストライク

ソウルストライク Ver0.6
属性 種別 発動方法 前提スキル Lv指定
アクティブ 対象指定 NB_Lv2
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
基本キャスト(ms) 500
基本ディレイ(ms) 1000 0 1000 0 1000 0 1000 0 1000 0
Matk倍率 1.6
ダメージ倍率 1 2 3 4 5
対不死属性威力 50%
消費SP 14 20 26 32 38 44
備考
念属性の無ディレイスキル。
ただし元々の性能は保持するため、奇数Lvと偶数Lvで極端な差に。
偶数Lv時消費SPが倍でしたが、流石に使い物にならなかったようなので変則的に変更。
更に奇数Lvのディレイが1000固定となっています。

不死属性に対する追加ダメージはLvが上がる程上がる形だと正比例な威力増加にならないため、50%固定にしました。
[オートスペル]では消費SPに影響が出るため、奇数Lv(1,3,5,9)が発動するように変更する必要があります。


ナパームバルカン

ナパームバルカン Ver0.4
属性 種別 発動方法 前提スキル Lv指定
アクティブ 対象指定 NB_Lv3
Lv 1 2 3 4 5
基本キャスト(ms) 1000
基本ディレイ(ms) 1000
Matk倍率 1.2+(NB_Lv*0.2)
ダメージ倍率 1 2 3 4 5
状態異常率:呪い 30%
消費SP 30 40 50 60 70
効果範囲 7×7
備考
ちょっと高めのMatk倍率に。
効果範囲と状態異常率をランクアップ。
さらに消費SPを修正。
NB_Lv10+NV_Lv5の場合、倍率はMatk3.2(基準の1.6の2倍)
念属性Lv4相手には6.4倍と極めて高い火力だが、
無属性、念属性、不死属性を除く属性Lv4相手には0.8倍となる。


火属性魔法

ファイアピラー

現状で良しとしない方も居ることを確認しています。 しかし、現在具体案がありません。

サイトラッシャー

サイトラッシャー Ver0.8
属性 種別 発動方法 前提スキル Lv指定
アクティブ 即時発動 XI_Lv1, LB_Lv1
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
基本キャスト(ms) 800 600 400 200 400 600 800 1000
基本ディレイ(ms) 1400 1200 1000 800 600 400 200
Matk倍率 1 1.4 1.8 2.2 2.6 3
ダメージ倍率 1
消費SP 24 30 36 42 48
効果範囲 15×15 11×11 7×7
備考
・外周ダメージ軽減削除
・サイト状態が解除されない(時間内連打可能)
・ノックバック削除
基本ディレイが減少する一方、
基本キャストのまさかのV字型変化。
ディレイと詠唱の関係を逆手に取ってみたが、まさに挑戦。
この設定に至った理由はLv6以降の基本キャスト+基本ディレイを一定にすること。
これにより、6以降はLvが上がるほどにDexの影響を受けやすくなります。
逆に考えればDexの低い人程Lv6の方が発動しやすくなります。(まだ試算中)


メテオストーム

無ディレイスキルが増えたので、[ブラギの詩]との相性を特に上げるため、この仕様になっています。
ただ、上位魔法中、メテオのみダメージ効率と共に全弾Hitまでの時間が増えているため、
何かしらの変更が必要と考えています。

メテオストーム Ver0.1
属性 種別 発動方法 前提スキル Lv指定
アクティブ 地面指定 XR_Lv1, TS_Lv1
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
基本キャスト(ms) 1500 3000 4500 6000 7500 9000 10500 12000 13500 15000
基本ディレイ(ms) 700 1400 2100 2800 3500 4200 4900 5600 6300 7000
Matk倍率/隕石 1
ダメージ倍率/隕石 4
隕石数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
状態異常率:スタン 20%
消費SP 42 54 66 78 90 102 114 126 138 150
隕石落下範囲 1×1 5×5
隕石効果範囲 7×7
備考

案を出してくれた方ありがとう !!
しかし、すまないが案を一蹴、根本的に考え直させてもらうよ。
これはオレの案も含めてだ。

この場は一人では考えられなかったことが考えられる良いきっかけになりました。
それと最後の反論、メテオにロマンが詰まってるなんて本家に居た時からの常識だ。


  • <OK、わかった>
    君の熱いメテオへのロマンは伝わったよ。
    終了まで日も浅いが、メテオの調整は最後に行う事にします。
    そこで提案。

    是非、君の考えるメテオを書いて下さい。

    そこまで言うからには形に出来る提案があるはずですよね?
    こちらはまた別に考えておき、完成したら別途提示します。
    よろしくお願いします。
追記
回答ありがとう。

なるほど、確かに煽りにも見えたか。
書き方が悪かったのは正直に謝るよ、ごめん。
でも、単にそこまで速度を上げる提案を押すからには、
何かしらのしっかりした案があるような気がしたんだ。

それから、ちょっと前にも書いたと思うんだが、
棄却については、(一度熱くなった頭を冷ますために)自分の案を棄却したのね。
当時の意見はオレの案に乗っかる形で書いてくれてる感じだったから、
同時に棄却するって形で伝わってしまったんだと思う。

流石にちょっと文が長くなったから、今回の魔法の提案に関する部分以外をちと削るよ。


改定案1

  • 注意! 提案出した人とは別人です
    --<ダメージ倍率とMatk倍率が逆>
    これも2度目になるがMatk倍率が高いと減算Mdefの影響を受けにくいだけですね
    確かに1Hitの見かけダメージを大きくしたかったという狙いもありました
    設定の仕方によりますが原則的に魔法はダメージ倍率の分だけ減算Mdefの影響を受けます
    これを回避するためにダメージ倍率ではなくMatk倍率を上げていました
    --お茶の人
    成る程…ダメージ倍率は後掛け算だったことを失念してたよ。
    先に減算Mdefでの引き算が行われるからダメージ倍率ではそのマイナス分も同率でかけてた事になるんだったね。


  • <君の考えるメテオ>
    このあたりの文を見ると煽っているようにしか見えない俺は心が濁っている
    案を蹴られるのは別に構わないが、蹴った後で完成形の案を出せつーのは何か違う気がしないでもない
    ネタは煮詰めるものであって3分クッキングのように完成品があるわけではないから
    --<一応案>
    メテオストームの名に恥じない見た目重視
    自身のスキルレベルにより低レベルの威力も上昇
    Lv10まで振らずともLv1でSG1と似たような使い方ができる
    また10まで振ることで威力を上昇させながらスタンを撒ける
    落下間隔が非常に短くなっているが、初弾が落ちてくるまでに2秒かかるので安全を確保して撃つ必要がある
    落下範囲などは変化がないので全弾を当てるには中心1セルにまとめなければならない
    良くも悪くも本家MSに見た目と低レベル時の使い勝手を上げた形です
    |CENTER:200|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:50|c
    Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    基本キャスト(msec) 10,500 11,000 11,500 12,000 12,500 13,000 13,500 14,000 14,500 15,000
    基本ディレイ(msec) 7,000(本家Lv10と同じ)
    Matk倍率/隕石 1(本家) -> 1+MS_lv*0.1
    ダメージ倍率/隕石 5(本家) -> 1
    隕石数 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
    消費SP 64 68 72 76 80 84 88 92 96 100
    状態異常率:スタン(%) 30 27 24 21 18 15 12 9 6 3
    隕石落下範囲 7x7(本家のまま)
    隕石効果範囲 7x7(本家のまま)
    隕石落下間隔(msec) 1,000(本家) -> 200
    最初の隕石落下まで(msec) 1,000(本家) -> 2,000
  • <懸念>
    落下間隔が短い上に落下数が多いのでサーバ/クライアントともに多少負荷が上がってしまう(ちなみにWBは150msec間隔)
    ディレイが長い上にランダムHITなのでSGLoVと比べ安定しない
    Matk倍率がほかの大魔法と比べ低いので減算Mdef貫通力も低い。FBlやFPでカバーする方向で
    メテオライト武器の発動率を抑えないとアホな火力になってしまう(持ってないけど)
    多くの人は大きな仕様変更をされても覚えてられないと思うのでデフォルトのままでも問題ない気がする
    どう見ても Mobがゴミのよう です本当にありがとうございました


  • お茶の人
    無茶な意見の中、一つの案を出してくれてありがとう。
    確かに面白い、ただ最初の隕石落下までの間隔って変えられたっけ。
    例え隕石数を抑えたとしても、何かしらの形になりそう。

減算Mdefに弱い魔法案は、正直今まで1つも出してなかったからなぁ。

  • <初弾落下間隔>
    skill.cのskill_castend_pos2のcase WZ_METEORにある
    2箇所でskill_addtimerskill呼び出している引数のtickに固定値加算すればおk
    --<減算Mdef関連>
    減算Mdefについては低Int時のFWくらいしか関係していないだろうな
    Gamma+だと大抵補正込みでInt150(杖Matk:679-1207)程度あるだろうから、FWの0.5倍程度じゃ気にならないのだろうな
    属性テーブルと除算Mdefで減らされる方がよっぽど大きいから・・・
    --<俺のMSへの基本ポリシー>
    隕石いっぱい飛ばしたい
    --お茶(略
    クレイジーコメッツ。
    オレの場合、今考えてた案だとLv10で6発、意図は正反対だな
    MSの案については意見を織り交ぜ、改めて改良してみようと思う。
    他の人の出してくれた初めての案だし。

    ただ、オレが提案すると隕石数は減る。
    他のカードとの競合も何とかして取りたいしね。
    そういう意味で、提案の意図から考えるとオレの案は改悪になるかもしれない。

    とにかく叩かれる覚悟でまとめてくるよ。
    さて、時間が無いなッ;

水属性魔法

フロストノヴァ

上方調整案:キャスト減少
緊急回避スキルとしては詠唱が長い。

凍結状態ではダメージが通らないことを考えると威力低下は必要ないと判断。

フロストノヴァ Ver0.2
属性 種別 発動方法 前提スキル Lv指定
アクティブ 即時発動 IW_Lv1 ×
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
基本キャスト(ms) 1400
基本ディレイ(ms) 0
Matk倍率 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 2
ダメージ倍率 1
状態異常率:凍結 (FD_Lv*3)+(FN_Lv*5)+40%
基本凍結時間(s) 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20
消費SP 58 56 54 52 50 48 46 44 42 40
効果範囲 7×7
備考
・凍結したMobにダメージを与えない(割らない)
・水属性耐性100%のMobを凍らせることが可能(Bossや不死属性など耐性を持っている相手には不可)
***主な変更点***
詠唱速度:2800 -> 1400


ストームガスト

他の上位魔法と合わせる形で変更予定。
上級魔法は単なる威力UPと言う枠を打ち破る、いい機会かもしれません。
消費80でMatk倍率3の状態だと、ある属性に対しては強いGFをSPだけで撃ってるようなものでしたね。
Hit速度もGFの倍ですし…。

そもそも全弾Hit時、範囲内の敵に対してボルト30発当ててるようなものなんですよね。
LoVだと20発、MSだと40発。(10/22現在)

ストームガスト Ver0.2
属性 種別 発動方法 前提スキル Lv指定
アクティブ 地面指定 FD_Lv1, JT_Lv2
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
基本キャスト(ms) 5500 6000 6500 7000 7500 8000 8500 9000 9500 10000
基本ディレイ(ms) 5000
Matk倍率 1.2 1.4 1.6 1.8 2 2.2 2.4 2.6 2.8 3
ダメージ倍率 1
最大Hit回数 10
状態異常率:凍結 30% 20% 10% 0%
基本凍結時間(s) 12 0
消費SP 80 86 92 98 104 110 116 122 128 134
効果範囲 11×11
備考
・Lv4以降凍結削除
・ノックバック削除
***主な変更点***
LoVと合わせてに変更。
消費SPに一定の増加値を追加


風属性魔法

サンダーストーム

下方調整案:威力低下 or ディレイ増加
>強化しすぎな希ガス。

これに関しては現状ある種完成されてる気がする。
中級は使い方次第で(ダメージ効率で or SP効率で or 状態付与率で)上位魔法をも上回る強さにしてあります。
サイトラッシャーやフロストノヴァがいい例ですね。

ロードオブヴァーミリオン

恐らく中級魔法のような「Lv5でも十分使えるが、Lv6以降は別ルートでの強化」の方向に変更すると思います。
Matk倍率が5になるのが10なのに、あの消費は酷だったかもしれません。
ただ、「6以上は必要ない」と言われない変更にしたいですね。

ロードオブヴァーミリオン Ver0.3
属性 種別 発動方法 前提スキル Lv指定
アクティブ 地面指定 TS_Lv1, JT_Lv3
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
基本キャスト(ms) 15000 14000 13000 12000 11000 10000
基本ディレイ(ms) 5000 4200 3600 2800 2000 1200
Matk倍率 3.4 3.8 4.2 4.6 5
ダメージ倍率 4
状態異常率:暗闇 30%
消費SP 72 78 84 90 96 114 132 150 168 186
備考
***主な変更点***
SGと合わせて調整。
雷には他と違い干渉する魔法が無いので、上位魔法の成熟を早めてみました。
Lv6以降はディレイ減少に回ります。
SPの上昇値がLv6より変わります。
Lv1->5 : +6 /Lv6->10 : +18


地属性魔法

現在無し。

特殊

グラビテーションフィールド

下方調整案:威力低下+消費SP増加
PTでの性能がやばい。 <- 確かにっ


成る程、状況把握。
改めて考え直してみたところ。

従来の仕様だと状況がWB並に限られるから、移動しながら使えるようにと考えてあの仕様に。
ただし威力は考えずにそのまま倍化し、見栄えがいいようにとさらに+100した2500としました。
この状態で2枚張れると純粋にダメージが2倍になることを失念していました。
結果、接近攻撃をも楽勝に上回るダメージが出るようになってますね…。
動き回れるようになり、かつ2枚張れることを考慮しようと思います。

ただし、青ジェム消費のため現状の威力でもいいと言う意見もあります。
実は職2つで使用可能のため、余り一撃が重いのも問題なんですよね…。 < 勘違い

使用者から見れば利点のない変更になってしまうと思いますが、貴重な情報ありがとうございました。

現状では、こんな感じを想定。

グラビテーションフィールド Ver0.7
属性 種別 発動方法 前提スキル Lv指定
アクティブ 地面指定 QM_Lv1, AMP_Lv5, MC_Lv1
Lv 1 2 3 4 5
基本キャスト(ms) 3000
基本ディレイ(ms) 5000
固定ダメージ/s 200 400 600 800 1000
攻撃速度減少率 5% 10% 15% 20% 25%
効果時間(s) 10
消費SP 16 32 48 64 80
ジェム消費:青 1個消費
効果範囲 5×5
備考
・被弾時に魔法が消えない。
・使用後に移動、行動が可能
・最大同時設置数:2
***主な変更点***
基本ディレイ(ms):3000 -> 5000 > 上位魔法レベルのディレイに
固定ダメージ/s:Lv毎に-300
消費SP;-20% > 他の上位魔法との調整のため。

イメージとしては、強めの毒を一定時間敷くような感じでしょうか。
闇や聖対策を考えるなら、単体魔法であるMCの改良を考えるべきなのかもしれません。
そう言えば、攻撃速度減少って対人のみ効果を発揮するのでしたね。

この魔法は調整が難しいので、様子を見ての再調整が必要と判断しています。