部誌


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大阪大学ESSでは年に一度、部誌が制作されている。部の歴史を伝え、経験と智慧を後世に残していくという点で非常に重要なツールである。2007年の改革時に参考になったのも、OBの持っていた過去の部誌(赤い馬)の中のOUESS像だった。

 

2002年ごろまでは、『赤い馬』という名で毎年制作されており、50を超えるナンバーが付いていた。その後数年間、休止。

2007年、『山吹』として復活。編集メンバーは高田 芳洋、小林 範康。

 

山吹2007表紙

山吹2007 表紙

 

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル