phz形式について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページの最終更新日時 2009年03月26日 (木) 20時55分38秒
はじめに。
このページは、beta5より使用されている[*.phz]ファイルのフォーマットに関する内容をまとめたものです。Phunのシーンデータがどのように保存されているかを知ることができます。現在、Phun ver5.26までの内容となっています。

目次

概要

Phun beta5以降で作成したデータはphz形式で保存されます。このphz形式は通常のzipファイル形式です(Phunのバージョンによっても内容が異なる場合があります)。シーンデータは、
{Phunのフォルダ(インストールした場合はC:\Program Files\Phun)}\Scenes
に保存されます。他人の作成したシーンはPhun boxPhun.jpのPhnデータアップロード掲示板で手に入れることができます。
なおPhun.jpでは拡張子が*.zipとなりますので、Phunで開くには*.phzに変更するか、解凍してscene.phnを使用しなければいけません。

詳細

上記で分かるようにphz形式ファイルはzipファイルのためzipファイルの解凍ができるソフト(vectorアーカイブユーティリティーなどから入手可)で解凍する事ができます。
解凍するとファイル構造は
名前 概要 詳細
checksums.txt チェックサム値を記述したファイル checksums.txtについて
scene.phn シーンファイル scene.phnについて
thumb.png サムネイルファイル thumb.pngについて
[*:\~\*.png] 埋め込んだ画像ファイル(無い事も有) 埋め込んだ画像について
となっています

なお、解凍する事ができても、再圧縮したファイルは正常に読んでくれないことがあります。
なので7-zipなどの開く(閲覧モード)で編集すると良いようです。

scene.phnについて

基本的には以前のphnと変わらないようですが、スクリプトおよび引力等のオプションが増えています。(以前のphn形式の情報
  • 増えたオプション
scene.phnでの記述 どのような値をとるか 説明

追記お願いします。

checksums.txtについて

scene.phn、thumb.png(および画像ファイル)のチェックサム値を記述したファイルです。
書式は
"ファイル名" チェックサム値
の羅列です(ファイル名はフォルダ名も含む相対パス)
なお、このファイルは無くても問題ないようです(無くても保存する際に付加されます)


誤り検出符号の種類が分かりません。checksum.txtとなっているのでチェックサムとしていますがどうも違うみたい??
追記、および訂正お願いします
このファイルは「Phunで作成されたものであるかどうか」を判断するためのものだそうです(誤り検出符号の役割もあるかもしれませんが)。Phunboxに投稿する際、この数値を調べることで、Phunで作成したphzファイルのみを受け付けているようです。外部ソフトで作成したphzファイルをPhunboxに投稿したい場合は、一度Phunで読み込んで、保存し直してください。
なお、Phunβ5より前のphnファイルは、問題なく投稿できます(ただし、phnで投稿したファイルにはサムネイルが付けられません)。

thumb.pngについて

thumb.pngはサムネイルのファイルです。これを利用する事でphnファイルをを解析することなく、サムネイルの表示が可能になります。
Phunboxにアップロードされているファイルのサムネイルにも利用されています。
試してはいませんが、このファイルを変更する事でPhunboxでの表示を変えれるかも
→ thumb.pngを変えると、上記のチェックサムの影響でPhunboxに投稿できなくなります。

埋め込んだ画像について

埋め込んだ画像はトップ(windowsの場合マイコンピュータ)からのフォルダ付で保存されます。
  • 例:
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\My Documents\test.png (マイドキュメントにあるtest.png)をPtest.phzに埋め込んだ場合
Ptest.phzを解凍すると
Ptest\C_\Documents and Settings\<ユーザー名>\My Documents\test.pngとなる

そのため、たとえばwindowsでマイピクチャの画像を埋め込むと(マイドキュメントの場所を変えていない場合)ユーザー名が分かってしまいます。
なので、外部に公開する予定であれば、分かっても問題ないフォルダ、もしくはドライブ直下[C:\test.pngなど]に埋め込みたい画像を移動してから、埋め込む事をお勧めします。
→Emil氏に「ユーザ名を漏らさないようにしてほしい」と提案しておきました(2009/03/26)。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。