phunユーザー独特技術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

               ここは皆様が独自で開発した技術を述べていくところです。
             皆さんもこのページを編集して、どんどん書き込んでいきましょう。

 (例) ・2010/1/1 名前----
    ● ---(開発したもの)
    (本文・説明)


    ・2010/7/29 名前 名無し
    ●バネスタエンジン
    バネスタビライザーはβ5になってから使えなくなるものの、ある角度に傾けたときに多少の破裂が起きることを
    回転エンジンのエネルギーに応用してみた。 回転数もトルクも設定次第では、ありえない出力を出す。
    だか、エネルギー保持が常に不安定であるため爆破の危険があるようだ。
    ・作り方
    円の中心にヒンジをつけ、その円に長方形のボックスの端をヒンジで円に止める。  イメージ > [◎ニニニ◎]
    ボックスの大きさは円の4/1くらい。
    そのボックスを強力なバネで引っ張る。(約30以上)そして回るかどうかを確認してから完成。 

    ・2010/7/29 名前 名無し
    ●遠心力バリア発生装置     
    原理はアラブル粒子エンジンと似ている。バリアというよりも飾り程度にしかならないようだ。
     円1 の端っこに、10/1くらいの 円2 を多数ヒンジで固定。そして 円1 を4000~6000回転以上にまわすと、
    遠心力で 円2 が端っこに吹っ飛ばされる。
    設定次第では、バリア装置が発生すると面積20倍くらいに大きくすることが可能。
    このことからかなりコンパクトに扱える。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。