第12回


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページ( 第12回 )の最終更新日時: 2014年11月14日 (金) 20時41分33秒
目次

JPCC(Japan Phun Car Champion Ship)
自作エンジンで最高速と短距離タイムを競います。

期間

2014年 11月20日(木)-12月1日(月)

シーンデータ

ただの平面でOKです。
ただし摩擦・反発それぞれ0.5であること

ルール

  • エンジンは基本的にピストン+Thyme
  • Thymeでのvelやposの変更禁止(物質生成時はOK)
  • エンジンは4気筒以内
  • 上記の3台をベースにし、中にエンジンが収まること
  • 密度は全パーツ0.01以上のこと
  • 駆動は前後どちらかのみ可
  • ジェット・ロケットなど推進装置不可
  • ピストンの押し下げは円の発生によって行うこと
  • 発生円の密度は100以下
  • ピストン、シリンダーの密度は16まで
  • 右に向かって走ること
  • 飛んだら失格
  • 各クラス2グループに分かれる(100Hz,300Hz)
  • シーンは100Hz,300Hzのいずれかであること
  • 超反発、負減衰バネ、負の空気抵抗、VaD、スラスター、モーターアシスト(スターター除く)禁止
  • スターターはエンジン始動にのみ使用可(駆動への使用禁止)

  • 点振り分け
 ・速度は10m/sで一点
 ・タイムは秒に直してそのまま点数に
  • N1クラス
 ・0-400mのタイムと最高速で判定。
  • N2クラス
 ・0-1200mのタイムと最高速で判定。
  • GTクラス
 ・0-3200mのタイムと最高速で判定。
  • SLFクラス
 最高速と回転数で判定。

クラス

本コンテストのメインルールに、ルールを追加したものを「クラス」と呼ぶことにします。

N1クラス

 ・最高回転700rpm以内
 ・3速以内のマニュアルトランスミッションのみ可(CVT・AT禁止)
 ・2気筒まで

N2クラス

 ・最高回転1100rpm以内
 ・5速以内のマニュアルトランスミッションのみ可(CVT・AT禁止)
 ・4気筒まで(4気筒は直列に限る)

GTクラス

 ・最高回転2800rpm以内
 ・8速以内のマニュアルトランスミッションのみ可(CVT・AT禁止)
 ・4気筒まで(4気筒は直列に限る)

SLFクラス

 ・最高回転3800rpm以内
 ・5速以内のマニュアルトランスミッション・CVTのみ可(AT禁止)
 ・6気筒まで(5-6気筒は直列に限る)


エントリー方法

  1. シーンデータを用意して、機体を加えたシーンを作成する
  2. 作成したシーンデータをアップロードするか、ニコニコ動画へ動画を投稿する(両方しても構いません)
  3. 以下のフォームに記入する

※ シーンデータの投稿は、Algoboxの利用を推奨します。
※ ニコニコ動画へ投稿する際は、「PhunコンJPCC2014」のタグをつけてください。

エントリー作品

番号 HN マシン名 コメント 記録 動画 クラス エンジン名 ミッション 気筒数 シリンダー配列 回転数 備考
1 誰得大放出P SLF リファレンスカー ベースカー 398.0km/h なし SLF tnn-04a なし 4気筒 直列 1600rpm 記録は小数第一位を四捨五入
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。