病理の課題 Pathological chronometerの開発

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

投稿者

田中 学(総合病院国保旭中央病院 臨床病理科)

説明

放射性炭素による年代測定のように、病変や組織の経過時間を定量的に測定可能な手技手法。
詳細については、文献(1)参照。

参考文献

  1. 田中学、神谷誠、宮永朋美他:病理技術に関する7つの課題. 病理と臨床2006, 24:763-767

コメント

名前:
コメント: