病理の課題 メニュー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メニュー

トップページ


Morphometryの普及

大規模組織像データベースの構築

テレパソロジーの普及

染色の標準化と仮想特殊染色

非破壊検査による組織像の取得

組織の三次元再構築

Pathological chronometerの開発