宮の台展望台

みやのだいてんぼうだい


北海道豊富町にある展望台。

高さ5.1mの鉄骨構造で、50人が入れる。
サロベツ原野を見下ろすことができる。

昭和42年完成当初は地名から徳満展望台と称していたが、サロベツ原野の開発事業に着手するころから、サロベツ展望台と称した。
その後昭和38年に高松宮殿下が視察したことから、宮の台展望台といわれるようになった。

所在地 北海道天塩郡豊富町字徳満
地図
より大きな地図で 北海道 を表示



国道40号の徳満駅付近から、1kmほど坂を登った丘にある。

関連項目




















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE