高知城跡

こうちじょうあと


高知県高知市にある、江戸時代に存在した城の跡。
国指定史跡となっている。

天守をはじめ、御殿追手門など15棟の建造物が現存し国の重要文化財に指定されている。

城郭の跡はすべて、高知公園として公開され、本丸御殿、天守は懐徳館として有料の資料館になっている。

所在地 高知県高知市丸の内
料金 400円(懐徳館)
時間 9:00~17:00(懐徳館)
地図
より大きな地図で 高知県 を表示

城郭

文化財指定区分 国指定史跡
城郭形式 梯郭式平山城
遺構 天守・御殿・櫓・門、石垣、堀
鏡川、江の口川を外堀として利用している。

天守

文化財指定区分 重要文化財
形式 独立式望楼型
四層五重
現存十二天守の一つ。
一豊の前任地・掛川城の天守を模したと言われている。
築城年代に比して、高欄を設けるなどのやや古風な形式をとっている。

歴史

南北朝時代、南朝方に付いた豪族・大高坂松王丸がこの地(大高坂山)に城を構え大高坂山城とした。
1338年(延元3年)後醍醐天皇の第7子・満良親王を迎える。
1341年(興国2年)松王丸は北朝方の細川禅定、佐伯経定と戦い落城。廃城となる。
1587年(天正15年)豊臣秀吉より土佐一国を安堵された、長宗我部元親がこの地に築城した。
1591年(天正19年)僅か3年で水はけの悪い大高坂山城を捨て、桂浜に近い浦戸に浦戸城を築城した。
1601年(慶長6年)関ヶ原の戦いにおいて元親の子・盛親は西軍に与し改易となり、代わって山内一豊が土佐一国24万2千石を与えられ浦戸城に入城した。
慶長6年8月、浦戸は城下町を開くには狭いため百々綱家(どど つないえ)を総奉行に任じ、翌月より大高坂山に本丸の造営と、城下町の整備の為に鏡川・江の口川など河川の治水工事に着手した。
1603年(慶長8年)本丸と二の丸が完成。一豊は8月21日(9月26日)に入城した。この際に真如寺の僧・在川(ざいせん)により河中山城(こうちやまじょう)と改名された。
1610年(慶長15年)洪水が相次いだため、2代藩主・忠義は河中の名を忌み嫌い、竹林寺の僧・空鏡(くうきょう)により高智山城と改名。この時より後に城の名は省略され高知城と呼ばれるようになり、町名も高知と呼称されるようになった。
1611年(慶長16年)三の丸が竣工し、ここに高知城の縄張りが完成した。
1727年(享保12年)高知城下は大火にみまわれ、城は追手門以外の殆どが消失した。
1729年(享保14年)8代藩主山内豊敷は深尾帯刀(ふかお たてわき)を普請奉行に任じ、城の再建に着手。
1748年(寛延元年)天守ほか櫓・門などが完成。天守は小振りとなったが焼失前と酷似した外観が保たれた。
1753年(宝暦3年)再建完了、現在見られる建造物の殆どは、この時再建されたものである。
1873年(明治6年)廃城令に伴い高知公園となる。この際に現存建造物以外の建造物が破却された。


関連項目




















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE