東大寺

とうだいじ


奈良県奈良市にある、華厳宗大本山の寺院。
「金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうごこくのてら)」ともいう。

本尊は「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏(るしゃなぶつ)。

現境内を含む約12ヘクタールが東大寺旧境内として国指定史跡になっている。
多くの建造物、工芸品が国宝、重要文化財に指定されている。
古都奈良の文化財の一部として、ユネスコの世界遺産に登録されている。

所在地 奈良県奈良市雑司町406-1
料金 境内自由、大仏殿・法華堂・戒壇堂は各500円
時間 8:00~16:30(季節により30分前後する)
URL http://www.todaiji.or.jp/
地図
より大きな地図で 奈良県 を表示


伽藍


奈良時代には中心堂宇の大仏殿(金堂)のほか、東西2つの七重塔(推定高さ約100メートル)を含む大伽藍が整備されたが、中世以降、2度の兵火で多くの建物を焼失した。


南大門

  • 竣工:1199年(正治元年)
平安時代の962年に台風で倒壊したものを再興。
俊乗坊重源が宋から伝えたといわれる大仏様を採用した。
門内左右には金剛力士像(国宝)と石造獅子1対(重文)を安置する。


中門

  • 竣工:1716年(享保元年)
  • 屋根形状:入母屋
  • 階数:2階
金堂(大仏殿)の手前にある楼門


金堂(大仏殿)

国宝
  • 竣工:1691年
  • 屋根形状:寄棟、一重裳階
  • 屋根材:瓦葺
  • 規模:高さ46.8m、間口57m、奥行50.5m
近年まで世界最大の木造建築であった。現在でも木造軸組建築としては世界最大。


念仏堂

重要文化財
  • 竣工:鎌倉時代
地蔵菩薩坐像(重要文化財)を安置する。


鐘楼

国宝
  • 竣工:鎌倉時代、13世紀初頭
吊られている梵鐘(国宝)は大仏開眼と同年の天平勝宝4年(752年)の制作で、中世以前の梵鐘としては最大のもの(高385センチ、口径271センチ)。


法華堂(三月堂)

国宝
  • 竣工:743年(天平15年)以前
境内の東方、若草山麓にある。東大寺の前身寺院である金鐘寺(こんしゅじ)の羂索堂(けんさくどう)として建てられたもので、記録により743年(天平15年)までには完成していたと思われる。


二月堂

国宝
  • 竣工:1669年
旧暦2月に「お水取り」が行われることからこの名がある。
平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)の2回の大火には焼け残ったが、1667年(寛文7年)お水取りの最中に焼失し、2年後に再建されたのが現在の建物である。
本尊は大観音(おおがんのん)、小観音(こがんのん)と呼ばれる2体の十一面観音像で、どちらも秘仏である。


開山堂

国宝
  • 竣工:内陣1200年(正治2年)、外陣1250年(建長2年)
開山(初代住職)良弁(ろうべん)の肖像を安置するための堂。
南大門とともに、大仏様建築の数少ない遺作。
本尊木造良弁僧正坐像(国宝)は平安初期9世紀の作品で、良弁の命日の12月16日のみ公開される。


三昧堂(四月堂)

重文
本尊千手観音像(重文)、阿弥陀如来坐像(重文)などを安置する。


大湯屋

重文
  • 竣工:鎌倉時代
内部に鉄湯船(重文)が残る。


転害門

国宝
境内西北、正倉院の西側にある八脚門。
平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)の2回の大火に焼け残った寺内で数少ない建物の1つ。鎌倉時代に修理されているが、基本的には奈良時代の建物である。


歴史

  • 733年(天平5年):若草山麓に創建された金鐘寺(こんしゅじ)が東大寺の起源であるとされる。
  • 742年(天平14年):前年の国分寺建立の詔(みことのり)により、金鐘寺は大和国の国分寺と定められ、金光明寺と改められた。
  • 747年(天平19年):大仏の鋳造が始まる。この頃から「東大寺」の寺号が用いられるようになったと思われる。
  • 752年(天平勝宝4年):大仏開眼会(かいげんえ)が挙行され、その後大仏殿の建設工事が始められる。
  • 758年(天平宝字2年):大仏殿竣工
  • 1180年(治承4年):平重衡の兵火で、近隣の興福寺とともに壊滅的な打撃を受け、大仏殿をはじめとする多くの堂塔を失った。
  • 1190年(建久元年):大仏殿を再建
  • 1567年(永禄10年):三好・松永の戦いの兵火により、大仏殿を含む東大寺の主要堂塔はまたも焼失した。
  • 1691年(元禄4年):大仏の修理が完成
  • 1709年(宝永6年):大仏殿を再建。この3代目の大仏殿(現存)は、高さは天平時代とほぼ同じだが、間口は天平創建時の3分の2に縮小されており、徳川幕府の援助をもってしても、当初の規模を再現することは不可能だった。また、講堂、食堂、東西の七重塔などは近世以降はついに再建されることはなく、今は各建物跡に礎石のみが残されている。


関連項目




























  
添付ファイル
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE