いろは坂



栃木県日光市にある峠道。
国道120号栃木県日光市馬返~中禅寺湖間。日本の道100選

上り(第二いろは坂・中禅寺湖方面)20、下り(第一いろは坂・日光市街方面)28の合計48カーブからなる。標高差約500メートル。


歴史

古くは男体山や中禅寺への登拝者が通っていた道であった。明治初期まで奥日光は女人牛馬禁制で、女性や牛馬は坂を上れなかった。そのため上り口は「馬返(うまがえし)」と呼ばれ、女性が男体山を拝んで引き返した場所には「女人堂(にょにんどう)」が残っている。また、ほぼ中間点には休憩所「中ノ茶屋(なかのちゃや)」跡があり、磁力があるといわれる巨石「磁石石(じしゃくいし)」も残っている。

「いろは坂」と呼ばれるようになったのは昭和初期で、カーブが48か所あることから、ロープウェイのガイドアナウンスで呼ばれ始めた。

1952年(昭和27)、日光市街と奥日光を結ぶ幹線道路とすべく改修した。6.5キロの道路に莫大な費用が掛けられたため、日本で二番目の有料道路として1954年(昭和29)10月1日に「日光いろは坂県営有料道路」として供用開始。カーブは30か所になった。1957年4月1日日本道路公団に移管した。
観光客の増大による、観光シーズンの交通渋滞を緩和するため日本道路公団により、1966年(昭和41)に上り専用の「第二いろは坂」が完成し、それまでのいろは坂を下り専用の「第一いろは坂」とした。カーブはあわせて50か所に増えたが、その後「第一」のカーブを2か所減らし、きれいに「いろは……」が当てはまる状態にした。各々のカーブには上り「い」~「ね」、下り「な」~「ん」の文字板が建てられている。
1984年(昭和59)10月1日に無料開放された。


関連ページ













  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE