和様

わよう


日本の伝統的な寺院建築の様式のひとつ。
鎌倉時代に中国から伝わった建築様式(大仏様禅宗様)に対して、それまで日本で用いられてきた建築様式を指す。

概要

もともと寺院建築の様式は中国から伝わってきたが、平安時代の国風文化の時代に日本人好みに洗練されていった。
大寺院では規模の大きな仏堂もあるが、住宅風に柱を細く、天井を低めにした穏やかな空間の仏堂も造られた。
鎌倉時代に中国から新たな様式が伝わってくると、従来の様式との違いが意識されるようになり、やがて和様という言葉が生まれた。

中世においては、禅宗寺院では禅宗様、密教寺院には和様(一部折衷様)と宗派と建築様式の区分もあった。
近世に入ると様式の折衷化が進み、密教寺院に一部禅宗様の要素が取り入れられることもあった。

和様の特徴

  • 柱の上部同士を補強するため、長押を打つ
  • 組物の間に蟇股(蛙股、かえるまた)という装飾を置く
  • 柱は細く、天井を低めにしたものが多い
  • 床を張り、縁側を造る
  • 床下に亀腹を築く

代表的な建造物

平等院鳳凰堂
室生寺五重塔
当麻寺
浄瑠璃寺
金剛峰寺不動堂
延暦寺根本中堂


関連項目













  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE