禅宗様

ぜんしゅうよう


日本の伝統的な寺院建築の様式の一つ。和様大仏様に対する言葉。

概要

飛鳥・奈良時代に中国から伝えられた建築様式は、平安時代を通じて日本化し、柱を細く、天井を低めにした穏やかな空間が好まれるようになった。平安時代以降、日本化した建築様式を和様と呼ぶ。

鎌倉時代に入ると、中国との交易が活発になったことで、再び中国の建築様式が伝えられた。まず入ってきたのは東大寺再興の際に用いられた様式で、大仏様と呼ぶ。

その後、禅僧が活発に往来し、中国の寺院建築様式が伝えられた。これは禅宗寺院の仏堂に多く用いられ、禅宗様と呼ぶ。

中世においては、禅宗以外では禅宗様を用いることはなかったが、近世に入ると様式の折衷化が進み、他の宗派でも禅宗様を一部取り入れるようになった。

禅宗様の特徴

一部は大仏様の特徴にも通じる。

  • 構造的には、貫(ぬき)といわれる水平方向の材を使い、柱と強固に組み合わせて構造を強化している
  • 柱の上部同士をつなぐ頭貫の上に水平材(台輪)を置く
  • 柱の上端をすぼませる(ちまきという)
  • 柱の下に礎盤を置く(そろばんの玉を大きくしたような形の部材)
  • 貫の先端(木鼻)には繰形といわれる装飾を付けている
  • 上部に複雑な曲線の付いた火灯窓がある
  • 扇垂木
  • 海老虹梁
  • 詰組
など

禅宗様の建築は畳を敷かず、土間に平瓦を敷き詰める。天井を張らずに構造材をそのまま見せている。

代表的な建造物

功山寺仏殿(日本最古の禅宗様式)
善福院釈迦堂
円覚寺舎利殿
正福寺地蔵堂
建仁寺
建長寺
大徳寺
南禅寺


関連項目


















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE