自転車の歴史




19世紀初め、地面を足でけって進むドライジーネが発明され、19世紀中頃には前輪駆動システムが発明された。
その頃から自転車レースも開かれるようになった。

19世紀末に前後の車輪が同じ大きさで、後輪をチェーンによって駆動する現在とほぼ同じ形となった。

明治初頭だったこの時期に、日本にも輸入され始め、すぐに国産化された。


地面を足でけって進んだ。

  • 1839年 マクミラン型
初めて地面から足が離れた(存在を否定する説もある)。

前輪を駆動する。

  • 1868年 
パリで世界初の自転車レースが行われる。

鉄製フレーム、ワイヤースポークと画期的な構造。






日本

1860年から明治初期の1890年ごろにかけて、外国人が持ちこんだ主にオーディナリー型自転車をまねて、鍛冶職人や木工職人が作った自転車が自転車製造のはじまりと考えられている。



関連項目










  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE