セーフティー型


同径の前後輪の間にクランクがあり、チェーンで後輪を駆動する。サドル、ハンドル、ペダルのクランク軸の3点がバランスよく合理的に配置され、近代自転車の原型となった。

速度の追求で前輪が大きくなり、危険だった競走用オーディナリーに対し、セーフティー型と呼ばれた。

1884年に登場したハンバー号は前輪が小さいものの、ダイヤモンド型フレームのもとになった5角形フレームだった。

サルボを開発したジェームス・スターレーの甥のジョン・ケンプ・スターレーは、1885年にローバー号をつくり、これがセーフティー型の原型となった。

  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE