妻籠宿

つまごじゅく


長野県南木曽町にある歴史的町並みが残る地区。

中山道の42番目、木曽十一宿の10番目の宿場だった。

明治以降衰退し、そのために江戸時代の町並みを残すことになった。
全国に先駆けて、町並み保存運動が起こり、町と住民が一体となって取り組んだ。

南木曽町妻籠宿伝統的建造物群保存地区として、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

所在地 長野県木曽郡南木曽町吾妻
地図

木曽川の支流、蘭川(あららぎがわ)東岸のわずかな平坦地に南北に伸びる、木曽十一宿の中でも小規模な宿場町。

北から、恋野・下町・中町・上町・寺下・尾又の六地区からなっている。
本陣脇本陣がある中町・上町が宿の中核である。
光徳寺の門前である寺下で枡形になっている。

切妻平入りで、勾配のゆるい屋根は元は板葺き石置きだった。
二階に手摺がある旅籠屋形式の町家が街道に面して連続している。


関連項目






















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE