大名

だいみょう


江戸時代に、主に一万石以上の所領を幕府から与えられた武家のこと。


大名主(おおなぬし)から転じた語で、元々は地方で勢力をふるう者を指した。
後に武家社会において、多くの所領や部下を所有する武士を意味する語となった。

室町時代には、守護職が領国支配を強め、守護大名となった。
戦国時代には、さらに強固な領国支配を確立するものが現れ、戦国大名と呼ばれている。





関連項目















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE